未来のワークスタイル 決めたのは自分
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決めたのは自分
そもそも、皆さんにとって、今お勤めの会社はどのような集団なのでしょう。

納得できない指針が会社から出されているとして、
会社が決めたことだから、
自分には関係がないと思っているようなところはありませんか?

もしそんな気持ちで働いているとしたら、
リーダーの立場で仕事している人であろうと、一般スタッフであろうと、
人生の多大な時間をかける仕事を、とても無益にしていると言えます。


もし皆さんが、たとえば、
「あらゆる要素が相乗効果になっている」
「学習効果が上がっている」
「チームとしての使命感がある」
「共に働く喜びがある」

こういったことを感じておられるなら、
きっと充実した仕事をなさっていることでしょう。

でも、そうでなく、待遇の不公平さや労働環境の悪さ、給料面での不満が、
いつも頭の中にあって仕事をなさっているとしたら…


人によって、理想の仕事に描くものはいろいろあるでしょう。

もしメンバーがバラバラに仕事しているだけなら、それはとてもチームとは言えません。

そういう状況で仕事するのは、かなり苦痛でしょう。


それぞれの会社に、それぞれの風潮があり、
従業員の仕事への意識レベルもまちまちです。

それらは古い習慣となって、蔓延しているかもしれません。


古い習慣を変えることは、決して簡単なことではありません。

奮闘努力して、変わろうとするその過程では、何度も元に戻そうとする力が働きます。

だからと言って屈することなく、改善への奮闘をやり抜くエネルギーが、
その仕事への価値観であり、使命感であり、未来へのビジョンであり、
皆さんの情熱です。


皆さんの情熱は、そもそもどこから生まれたのでしょう。

それは、皆さんが自分自身の喜びを大切にして、真の喜びを大切にして、
導き出した目的があるから、生まれてきたものです。

人から与えられたものではなく、皆さん自身が生み出したのです。


今お勤めの会社が、決して良い環境でないとしても、
その会社で働くことを選択した最終決定者は誰でしょう。

もちろん、皆さん自身です。

ならば、そういう会社でしか働くことを許されなかったという考えは捨てましょう。

自ら選んだのだと、堂々と宣言しましょう。

そして、元々のご自身の真の目的と喜びに立ち返りましょう。


誰が何と言おうと、周りがろくに仕事もしないのに権利を主張する人であふれていようと、
皆さんにとって大切なのは会社体質ではなく、皆さん自身の喜びのはずです。

皆さんが真の目的のために仕事することに情熱を注ぎ込んでいるなら、
見ているところは見ています。

周りのろくでもない人達を見ていては、見てくれている存在に気づけません。


皆さんが見るべきは、自分の理想であり、分かち合える喜びであり、
大いなる見計らいが今も働いて、変化しつつあるという宇宙の真実です。

自分の真の喜びを、誰かに評価してもらうことに重ねるのは、もうやめましょう。

自分の評価は、自分で致しましょう。


そして、過ちをしていたら素直にそれを詫びて、ゆるしを願って、感謝して、
愛のエネルギーを送り出す「発願⇒確信⇒受取」の基本に
立ち返って下さい。

周りに翻弄されて、自分で自分を愛してあげることを忘れていたなら、
素直に今すぐ、内側の真の自己に四つの言葉で愛を伝えましょう。

天からは、すべてお見通しです。



⇒関連記事 [自分の人生に起こることの責任を自分が引き受けて仕事しよう]
⇒関連記事 [自立した仕事を続けていく旅路は孤独な戦い]
⇒関連記事 [すべてを魂の成長の糧にして仕事している]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。