未来のワークスタイル
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世の成功書には、「意志を強く持つことが成功には不可欠」と必ず書かれています。

職場でも、意志を強く持って職務にあたるように、よく言われることでしょう。


実際、事を成し遂げようとするなら、意志力は不可欠です。

激務にメゲそうになって、
「意志を強く持たなければ!」と自己鼓舞することもよくあります。


ところで皆さんは、ご自身のことを、意志が強いと認識できているでしょうか?

また、「意志」の力を何に向けて用いておられるでしょう。


「何が何でも、このプロジェクトを成功させるぞ!」

「今月は、絶対営業成績でトップを取るぞ!」

「絶対にこの仕事を、期限までに何があっても仕上げるぞ!」

どれも、強い意志を発揮することを機して用いられる表現です。

これらの言葉の前提には、ご自身の目標があります。

それを強く決意するところは素晴らしいと思います。


ところで、こういった表現が口から出る時、頭では何を思い描いておられるでしょう?

目標をクリアーするゴールの瞬間の喜びを感じておられますか?

更にゴールした後のイメージもクリアーになっていますか?


「意志」の力を用いるポイントは、
そうやって描いているイメージにそれないように用いる集中力として生かす
ことです。

自分が定めたイメージにそれないように「意志」の力を用いるのです。


ただし、そこに至るまでの細かいところは、宇宙のエネルギーの法則にゆだねます。

強く決意したなら、目標をクリアーしているイメージをキープすることに意志の力を用いて、
今「ある」ことを使って今「できる」ことを喜びにして集中して実行する
のです。


真の自己喜びとする目的に向かう目標を発願して、
原理を確信して今できることをいかに楽しんでいく工夫
をするというのが、
「発願⇒確信⇒受取」で進める仕事のやり方です。

これを称して、「つかまえ放すの法則」とも表現しています。



たとえば期限が迫り、仕事の完成が間に合わない危険性が出てきた時、
上記のような言葉で「意志」の力を発揮することを宣言するだけでなく、
期限に間に合うことで、クライアントもクライアントの向こうにいる人達や、
そのクライアントの顧客や会社の人達まで、更にその家族の人達や取引先の人達まで、
心から喜び感激し感動し幸福になっていることを祈るのです。


力づくの感覚で事を乗り切ろうとして、
一般的な理解の意志力で危機を突破するというのもありますが、
皆さんには、その一歩先を行く、
ゴールした後もスムースな流れを呼び込むあらゆる可能性、あらゆるエネルギー、
あらゆるチカラが後押ししてくれている感覚の意志力の発揮の仕方を
身につけて頂きたいと思います。


「意志」の力を自分を律するために用いましょう。

そうすれば、「意志」の力がどんなに素晴らしいかということが、
心底実感できる結果を得ることができるはずです。



⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で意志の力の働かせどころ]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」における意志の力2]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」での意識の役割]



span style="color:#ff3300">ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。