未来のワークスタイル 与えるということ
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
与えるということ
ゴールデンルールと呼ばれているのは、
「自分のしてほしいことを人にしてあげる」
というものですが、ここでいつもお話している「出したものが返ってくる法則」
理解しておられるなら納得できるでしょう。


「出したものが返ってくる法則」では、喜びとして与えることをいつもしていると、
与えたことを未来に受け取ることが約束されているということになります。


でも残念なことに、人は、受け取ってから与えようとしがちなのです。

受け取ることから始めて行動しようとしますと、
いつしか与えることをしなくなり、やがて道が見えなくなります。

出さないのですから、返ってこないわけです。


「出したものが返ってくる法則」では、「受け取る準備」というお話をいつもします。

私達は、無限に受け取ることができるのですが、
与えることが受け取ることになると気づけていませんと、与えることに喜びを感じられず、
与えることをしなくなり、流れを止めてしまうのです。


ほとんどの人は無意識的には、
与えることと受け取ることとの関係を知っています。

それは、何かをしたら見返りを求めてしまう衝動が働くことからも明らかです。

でも、与えることそのものが喜びだとは気づけていないなら、
受け取る準備ができていません。


物質的な何かが不足していると認識している時には、
与えることがおろそかになりがちです。

不足しているものを得ることにばかり意識がいき、与えることを忘れます。

それはすなわち、受け取る準備を放棄しているのに等しいのです。

従いまして、不足を解消するだけのものを受け取れるようにはなっていません。


すへての人は、無限に受け取れる存在です。

「ありがとう」は、そんな気持ちを自分に思い起こすことができる言葉です。


喜んで与えることができるという、
いつも受け取る準備ができている状態を保ちましょう。

これは、「発願⇒確信⇒受取」のしめくくりに、欠かせない心構えです。



⇒関連記事 [「出したものが返ってくる法則」を更に理解して仕事する]
⇒関連記事 [仕事の成果を受け取る準備は十分に]
⇒関連記事 [与えて受け取る仕事術]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。