未来のワークスタイル 期待を手放す
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
期待を手放す
現実的な目標を達成するのに一番重要なポイントは、
手に入れたいものへの執着を手放しているということです。

願望や意図を手放すという意味ではありません。

意図は手放しませんし、願望をあきらめるわけでもありません。

むしろ、ありありと描き、すでにそれが手元にある喜びにあふれているところまで、
イメージに現実味をもたせます。

その上で、結果に対する執着を手放すのです。


今、歴然としてある事実は受け入れます。

受け入れませんと、過去の解釈を変えることはできません。

というより、完全に受け入れた時点で、過去の解釈はすでに変容しています。

過去を思う時につなぐエネルギーが変わっているのです。

その上で、未来に向けての願望と意図を持ちますと、流れが変わります。


そして、目指すところに一点集中します。

ここで、結果に執着することを手放すのです。

そうすることで、望むことが手に入る道筋ができます。

(これを「手放された期待で実行する“つかまえ放すの法則”」と呼んでいます。)


手放せているということは、
自分の真のパワーに揺るぎない信頼を得ているということです。

執着心は、恐れと不安のエネルギーにつないでいる状態であり、
欠乏の意識が作り出します。


誰でも、安心したい、安全でいたいという欲求を持ち合わせます。

これは、何らかの象徴を追い求める心です。

象徴を追い求めますと心配事を作り出し、内面に空虚感覚を生み出します。

その象徴は自分ではないのに、自分だと取り違えてしまうのです。

執着は、いつもこの象徴に対するものです。


真の自己を知っていくことで、手放せている感覚がわかってきます。

富や豊かさや愛や願望をもたらす源は、自分自身にあると知って下さい。

人は常に安全を求めますが、
この欲求は自分に“はかなさ”を気づかせることになります。

いくら追い求めても見つからず、結局一生追い続けることになります。

宇宙の真実は“変化”であるからです。


たとえば、「お金さえあれば経済的に自立できるので、
自分が本当にやりたいことができる」と、多くの人が考えますが、
決してそれは起こらないことです。

欠乏から出たこの望みは、元の欠乏感に戻るだけです。

(皆さんは、「出したものが返ってくる法則」を「発願⇒確信⇒受取」で
実体験されていますから、このことが十分に納得できるでしょう。)


ぜひ、「手放された期待」という感覚を会得して下さい。

この感性がわかってきますと、願いを放つことが楽しくなってきます。



⇒関連記事 [思いのチカラを理解して仕事する]
⇒関連記事 [「ゆだねて仕事する」ということ]
⇒関連記事 [良質のエネルギーを高めて仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。