未来のワークスタイル 時間の有効活用
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時間の有効活用
時間の有効活用は、デキる仕事人の必須事項です。
一日は24時間ですが、
その時間は、自分次第でどのようにも変化します。
より有効に時間を使うには、
まず、私達の時間を奪うものや人を排除する必要があります。
勘違いしないで頂きたいのですが、
「人との関係を、単にドライに割り切れ」というのではありません。
ですが、私達の時間を奪う存在が、
確かにいることは、無視できないのです。

※勤務時間内の無駄話を排除せよ
どこの会社にも、休憩時間でもないのに、
どうでもいい話に時間を使っている人がいます。
まだ決まってもいないのに、次の人事の噂、
昨日たまたま町で見たある社員の様子、或いは前日のテレビ番組の話題。
こちらが相手にしなければ、
そんなことに大切な時間を取られる必要はありません。
もし、そんな話題が始まったら、適度なところで、例えば、
「お客様の○○さんに、電話する時間ですので・・・」
とでもいって、さっさと席を外しましょう。

※仕事中にかかる急な電話の対応
電話をかけてくる人は、自分の都合で、こちらに電話をしてきます。
その電話に全て合わせていては、時間がいくらあっても足りなくなります。
例えば、お客様からの電話に全て対応するよう心がけるのは大切ですが、
そのお客様がどのような用件かは、ある程度類推できるものですし、
緊急でもない限り、時間をずらして対応することも可能です。
例えば、相手の次の空いてる時間をお聞きし、折り返し対応するなどして、
自分の大切な仕事の時間を、
他の誰かにコントロールされないようにしましょう。

※そのおつき合いは、本当に必要か
日本の会社員の間では、あたかもそれば当然であるかのように、
「今日飲みに行こう」と誘ってこられ、
断ると「付き合いの悪いやつだ」と疎外されるかのような、
妙な風習があるようです。
それ、ハッキリ言って時間の無駄です。
私も社会人なり立ての頃には、この対応に四苦八苦しました。
一日の自分の時間と、自分の働く会社の流れを把握するようにすれば、
誘われそうな時は、意外と先読みできるものです。
まだ、会社での立場が低く断りづらい時には、
誘いがきそうな時間に、バンバン仕事を入れた記憶があります。
ある程度、自分の時間を自由に動かせる立場までは、
一工夫、二工夫して、無駄な付き合いは排除しましょう。

※急な来客にどう対応するか
基本的に来訪は、先方のご都合をお聞きして訪ねるもの。
それを、急に向こうから訪ねて来られたのですから、
どのように応対するかは、明らかにこちらに主導権があります。
その時に自分がしている作業を中断することが、
どれだけ自分の仕事に悪影響するかは、ご自分がよくわかっているはずです。
しっかりと、自分の時間を自分でコントロールしましょう。


以上からもわかりますように、結局は優柔不断が一番の敵なのです。
自分の決断の鈍さは、全ての時間を無駄にします。
一番いい方を選ぼうとするあまり、決断が遅くなったりする方もいます。
本当は、そんなに乗り気ではないのに、安請け合いしてしまう人もいます。
それでは、自分の大切な時間だけでなく、
相手の大切な時間も奪うことになりますよ。

一日という時間を、どのように感じ、使うかは、
全て自分の工夫にかかってくることを忘れてはなりません。




⇒関連記事 [仕事を敏速にするコツ]
⇒関連記事 [資金と時間を活用するには]
⇒関連記事 [仕事の優先順位のコツ]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。