未来のワークスタイル 仕事の進め方
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事の進め方
「発願⇒確信⇒受取」で仕事をしている皆さんにとっては、
発願して、計を立て、信念にまでエネルギーを高め、
感謝に満たされて日々の仕事を表現することが始まれば、
あとは、ちょっとしたコツを踏まえながら、
今「ある」ことを用いて今「できる」ことに専念していくだけです。


そのちょっとしたコツというのが、「つかまえ、放すの法則」です。


まず、確実に手に入れたい何かがあるなら、
それを手に入れている自分の姿をありありと描きます。

それを手に入れている自分の気持ちをありありと味わいます。

それを手に入れている自分を、回りの人が祝福している光景をありありと鑑賞します。

それを手に入れた自分に幸福を感じている回りの人の気持ちをありありと受け止めます。


この時、自分の感情を支配しようとすると、
マイナスの感情が浮かんだ時に、逆に感情に振り回されますから、
自分の気持ちは愛の中にあり、感謝の波動と共振していることを味わい、
自分のありのままの感情を受け入れて、そんな自分もゆるすようにします。

宇宙の原理は、自分に相応しい方法で手に入れさせて下さることに、完全にゆだねます。


そして、宇宙のエネルギーは頭頂から、大地のエネルギーが足の裏から、
各々体内に入ってきて、胸のところで合わさり、
エネルギーに満たされていることを感じましょう。


この準備が調ったら、ヒラメクことを言葉にしてみます。

具体的であればあるほど、実現力は高まります。

期限に合わせて、大いなる御計らいは用意されますが、
具体的に何も思い浮かばないなら、
「どんなカタチかわからないけど、とにかく△△になる!」と叫ぶかのごとく、
言い切って下さい。

そして、今「ある」ことを生かして今「できる」行動をします。


行動が始まると同時に、エネルギーを今に集中します。

過去の失敗や誰かが自分に浴びせたマイナスの言動が、
エネルギーを過去に向けさせるようなことがあれば、
先の準備段階の流れをもう一度行います。


この時、どうしてもマイナス感情が離れない時は、「感情解放の基本手順」で、
感情エネルギーをニュートラルに戻します。

また、今への集中が弱まり、未来への不安が押し寄せ、
マイナス想念が襲ってきた時も同様です。


このように、「遠慮することなく自分の願いを具体的に発信するのですが、
発信したなら、今に集中する行動を継続し、結果のカタチはゆだねる」
というのが、
「つかまえ放すの法則」です。

達成するその時まで、また期限が来るその時まで、行動を続けます。

結果は自分が放つ波動に準じて、最善のカタチで受け取ることになります。


期日などを設けて発願する場合、
期限が来ても、引き続き行動・口に出す言葉・想いの工夫を続けましょう。

発願して返ってくることは、時に自分が想い描いていたよりも、
もっと自分に相応しいカタチ、タイミングで受け取ることがありますから、
受け取る準備はしっかりしておきましょう。

宇宙の原理が用意する達成日は、
時に自分が決めたよりも早くなったり遅くなったりしますから、
期限まで、更に期限が来ても、行動を止めることなく続けることが秘訣です。


今回お話した流れを、ここでは、「手放された期待で仕事する」とも表現しています。

楽しみなことがあれば期待するのはごく自然の気持ちの動きですから、
思う存分ワクワクして楽しみすればいいのですが、
結果がどうなるか楽しみにしているくらいの方が、スムースに受け取れます。

限定した結果に執着しますと、受け取るタイミングを遅らせる、
もしくは見送ることになってしまいますから、注意せねばなりません。

「手放された期待」の感覚を覚えて頂きたいと思います。



⇒関連記事 [「ゆだねて仕事する」ということ]
⇒関連記事 [宇宙の原理を信頼して仕事する]
⇒関連記事 [真髄を得る仕事への取り組み]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。