未来のワークスタイル 直感を生かす
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直感を生かす
想像するだけで楽しくなり、ワクワク感を全身で感じれるアイデアや計画を
思いついたことがあるでしょうか?

ところが実際にそれを実行しようとすると、心が重くなってきて、
やりたいことが、やらなければいけないことになり、
逆に心の負担が増して、暗い気持ちになってしまったことは?


何かをしようとひらめくところまではいいのですが、
ひらめいたその瞬間から、いろんな反対者の声が、頭の中に登場してきます。


「できるわけがかない」

「そんな能力は、私にはない」

「やったら、いろんな人にあれこれ言われる」

「失敗したら恥ずかしい」

「周りの人から失望されたらどうする?」


それはもう賑やかに、ここぞとばかりに
反対者の意見を頭の中で聴くことになってしまったりします。

こうなると、始める前に緊張感はマックス、心身とも疲れ果ててしまいます。


また、勇気を振り絞り実行したら、運良くうまくいったものの、
周りの期待に押しつぶされそうになり、
否定的な見解が耳に入ろうものなら、ビックリするくらいあっさりと
中途でやめてしまったことがあるかもしれません。


こういう経験の繰り返しが、いつの間にか自分を言い訳の達人にしてしまい、
とうとう本当にやりたいことや望んでいることを考えることすら、
硬く鍵で閉ざした心の中の一室に閉じ込めてしまったかもしれません。


こういうプロセスであきらめたことは、顕在意識の領域では、やがて忘れていきます。

もし顕在意識に上ってくることがあれば
「苦手なこと」「避けたいこと」「しなければならないこと」などとして、
心が負担に感じることとして出てくることが多いのです。


こうなると、もう直感の声など何処へやらです。

スッカリ、何が直感なのかわからなくなってしまいます。


直感を得た時点で、エネルギーのレベルではそれは既に流れを起こしています。

そのアイデアや計画は、エネルギーのレベルでは既に存在しているのです。

アイデアそのものに「いのち」が入って、
宇宙の原理である生成化育という変化が始まっているのです。


ではどうすれば、その「いのち」を得たアイデアを育てることができるのかと申しますと、
そのアイデアと顕在意識の領域の自分との間にある情報をニュートラルにするのです。


その直感を実行することは、天よりアイデアを受け取った自分に与えられた役割です。

この役割を果たさなかったとしても罰せられることはありませんが、
役割を果たしたなら、たくさんのご褒美が付与されることは決まっています。


夢やアイデアというのは、カタチにならないこともあります。

その方が正しい場合もあります。

でも、何が正しくて、どれが正しくないのかは、私達にはわかりません。


でも、だからと言って、何もしないでいては、
せっかくのギフトを受け取ることもできません。

そこで、「発願⇒確信⇒受取」を実行している皆さんには、
「ゆだねる」ということを知って頂きたいのです。


言えることは、それがカタチになることが正しくて、
その手伝いをすることができれば、たくさんの人もまた、
ギフトを受け取ることになるということです。

ですから、アイデアやヒラメキを得た時、
それと自分との間に何があったかは知覚できませんが、
その関係性をニュートラルにするという選択を、皆さんにはすることができます。


すなわち、「四つの祈り」を行うのです。

そのアイデアが連れてきたいろんな感情や記憶を、手放す作業に入るのです。


悲しみや怒り、時には恨みを見せることもあります。

それらを手放す機会が来ているということなのです。


「いのち」を得たアイデアが連れてきたいろんな思いは、
一旦その流れにストップをかけます。

でもそのアイデアと自分の間にある情報をニュートラルに戻すと、
再びアイデアに「いのち」が入り、アイデア達は安心して、宇宙の原理に従い、
正しいカタチ、結果に調っていきます。


アイデアを人に拒否されたら、誰でも、いい気持ちはしません。

そしてそれにフタをしてしまったかつての自分が悪い理由など、どこにもありません。


ひらめいたアイデアは、期待を持たせます。

ところがその期待を放ったらかしにすると、とこまでもふくらんでいき、
今度は逆に心の負担や重荷となって、自由を奪おうとします。

ですから、アイデアや計画をひらめいたなら、「手放された期待」にすることが大切です。


アイデアをカタチにするべく実行し出すと、焦りや苛立ちが出てくることがあります。

それは、そのアイデアと自分との間にある情報、
すなわち潜在意識がキープしている記憶です。

そこを手放して、ニュートラルにしていくのです。


過去のアイデアや夢を誰かが実現しているのを見て、
うらやましさが顔を出したことはありますか?

自分の中に、そのアイデアがまだいるのです。

そういう自分の中の自分をゆるします。

辛い思いをさせたままにしていたことを謝り、感謝して愛します。

すると、スーッと心が落ち着いてくるはずです。

自由になって、次に進むことができるはずです。


魂が完全に自由を取り戻している時に受け取ったアイデアは、自然に流れを起こして、
周りの全ての協力を得て、カタチになっていきます。

アイデアを通して通うエネルギーが、伝わるべき相手をつなげていきます。


このように発信される真の表現力こそが、インスピレーションです。

ふとひらめいたアイデアやヒラメキが、「いのち」を運んでいき、カタチになります。



⇒関連記事 [古い記憶を手放して仕事する]
⇒関連記事 [地道な努力と抜群のヒラメキの両輪で仕事する]
⇒関連記事 [愛の祈りで発願する仕事(「発願⇒確信⇒受取」の「発願」のコツ)]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。