未来のワークスタイル 誠実
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誠実
私達はどんな言葉でも選択して、意図をはっきりさせて発願することができます。

ですが、自分の器を越えた言葉を発しても、潜在意識はそれを否定します。

とりつくろってその場を適当な言葉でやり過ごそうとしたところで、
発する言葉とは裏腹に、内側で考えること、思うことが、
相手や宇宙にエネルギーとして伝わります。


ですから、学び続け、自分を磨いていくことはとても大切です。

自己成長が止まると、発展の気が失われ、「この人ならできる」という空気感が消失します。


とはいえ、目標というのは、まだ経験していない領域を定めてそこを目指すということですから、
実感を伴う波動を伴わせて発願するには何が必要なのかも、
皆さんに知っておいてもらわなくてはなりません。


その一つが、「洞察力」です。

人との関わりで働く時には、いわゆる「場を読むチカラ」として作用します。


洞察力は、
「ああしてやろう」
「こうしてやろう」と、
策にばかり頭を使っている時には働きません。

そう考えている時は、人に認められようと、躍起になってしまいます。

すると、目で見ていることに頼ってしまい、人の真意が見えなくなります。

本人としては、盛り上げようとか、いい働きをしようとか考えているのでしょうが、
必死でやればやるほど、その場で浮いてしまいます。


洞察力を働かす鍵は、「誠実」です。

人は「誠実」である時、恐怖感とは無縁です。

「誠実」には、裏も表もありません。

そのままが真実です。

だから、場を洞察することもできるのです。


「誠実」というのは、魂の本来の姿です。

自分を素直にそのままに受け入れ、誠実に人と接していくことは、
苦しい場面でも、局面を打開する力となります。


この人は能力があるなと思える人をよく観察すれば、その人に「誠実」が見え隠れしています。

中には、悪行に誠実になっていく誤った魂の使い方でのし上がろうとする人もいますが、
もちろん皆さんにはそうなってほしくありません。


皆さんは、何に対して「誠実」でしょうか?

それがあれば、皆さんが未知のところを目標として成し遂げていかせる洞察力は、
必ず磨かれていきます。

一度、ご自身の心の内を紐解いて、自分は何に対して「誠実」であるか、
明らかにしてみましょう。



⇒関連記事 [思いやりの柱を立てて仕事する]
⇒関連記事 [高い波動の「発願⇒確信⇒受取」で仕事するためのガイドライン]
⇒関連記事 [対人関係に洞察力を発揮して仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。