未来のワークスタイル 直感を生かす
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直感を生かす
「直感」は、経営においても、リーダーシップにおいても、また恋愛など私生活においても、
大きな力を発揮します。

事実、充実した日々を過ごしている人達は、
意識的にしろ、無意識的にしろ、直感を上手に生かしています。


ここでも、何度も取り上げてきたファクターですし、
「発願⇒確信⇒受取」を実践なさる皆さんには、自然に身についてきます。

でも実際のところ、いまひとつ直感を実感できない方もおられるでしょう。


以前にもお話しましたが、
「直感」には大きくわけて次の二つのソースがあります。


1)これまでの知識、経験などからくるもの。

2)天来のもの



こめの二つが、瞬間的な洞察力として表れてきます。

いわゆる虫の知らせや予感としても、よく受け取ります。

中には、天啓として受け取ったり、
静かなる内側なる声として認識している方もおられるかもしれません。


英語の「直感」という言葉にあたる「Intuition」がラテン語の「内側で見る」という意味を持つ
「Intueri」という語から来ていることからもわかるように、
「直感」を仕事に生かそうと思うなら、
「直感」は、元々私達すべての内に元々あるチカラだということを理解して下さい。

特別な能力ではなく、無意識的にであれば、私達が日常生活で普通に使っているチカラです。


ただ特定のテーマに意識的に「直感」を働かそうとすると、難しく考えてしまいます。

そして、「直感」がどういうものなのか、わけがわからなくなっています。


「直感」は、行動する前、頭で考える前に、瞬間的に浮かびます。

「直感」は信頼に足る純粋な知恵として力を発揮します。


内側の真の自己が、天来の直感を受け取り、意識に伝えてきます。

もし皆さんが、真の自己とのつながりをおろそかにしていれば、
認識できたとしても、「何となく」というカタチでしか知覚されなくて当然です。

ほとんどの直感の声を聞き逃してしまいます。


上記の一番目の自分から湧き上がるメッセージの方は、取り扱いを注意せねばなりません。

単なる記憶の再現であって、直感でも何でもないことが多々あるからです。

これをどこように識別していくかは、
考えてやろうとすれば、ほぼ記憶の再現を選択することになりますので、
私達「発願⇒確信⇒受取」の実践者は、まるごと手放して、神聖なるところにゆだねて、
真の自己とのつながりを密にするように
します。

真実を見ている真の自己を信頼し、感謝して一任します。

すると、天からスッと授かるメッセージをより受け取ることができるようになれるのです。


「感謝」「素直」が自分から欠落すると、これができません。

ですから日頃から、自分の選択を、
「それは愛からか、恐れからか?」と確認するようにします。

いつも愛と感謝のエネルギーであるように、自己修正していきます。


これを並行していきながら、「発願⇒確信⇒受取」を実践していくのです。

だから、自然に「直感」に気づきやすい感性が育ちます。

何となくやったことが功をなすようになっていきます。


「四つの祈り」「感情解放の基本手順」によって、
自分の内側のエネルギーを愛と感謝の波動に調えて下さい。

それは、真の自己との関係を密にすることでもあります。

直感に鋭い感性を持つことでもあります。

皆さんの直感は、「発願⇒確信⇒受取」を続けていくと、自然に高められていきます。



⇒関連記事 [強い意志と直感の両輪で仕事する]
⇒関連記事 [直感を受け取って仕事するための基本中の基本]
⇒関連記事 [高いレベルで「手放す」ことの真意を理解し仕事しよう]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。