未来のワークスタイル 記憶を手放す理由
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記憶を手放す理由
「自分の意思を世の中にハッキリ宣言することで、目的の方から自分に近づいてくる」ことを
実感できるまで、皆さんには、「発願⇒確信⇒受取」を楽しんで頂きたいと思います。


「未来からの手紙」というブログの最後は、
私の座右の銘でえる「Just Believe!!」という言葉でしめくくっています。

信じないより信じた方が、はるかに賢明だからです。

こちら「役立つ仕事術」の読者の皆さんにも、ぜひ信じて頂きたいことがあるのですが、
それは「意識が鮮明になれば、望み実現を阻止する多くの障害は消滅する」ということです。

「Just Believe!!」です。


意識を鮮明にするには、習慣化できるまで自分で意図してトレーニングを行っていきます。

そのすべてをここでご紹介することはできませんが、
たとえば、次のように自分に問いかけてみて下さい。


「ほしいもの、やりたいこと、なりたいものはありますか?」


この質問の答が具体的に出てこないようなら、意思がまだ鮮明になっていません。

この最初の自分への質問で詰まるようなら、まず、「ノート書き出し法」などを活用して、
自分は日頃何を無意識に考えているのか、明らかにして下さい。


答えが具体的に出てくるなら、続いて次の質問を自分にしてみて下さい。


「何故その願望はまだ実現していないのですか?」


これに否定的な答えが出てくるようなら、おそらく意思はまだ鮮明になっていません。

真の自己が本当に望んでいることが、まだわかっていない状態だと考えられます。


願いは徐々にかなえられていると答えられるようなら、続いて次の質問を自分にしてみて下さい。


「まだ自分の願望が実現していないのには、どんな意味があるでしょう?」


この答えが、おそらく実現を阻止している思い込みと想定できます。


人は人生で何かが起こると、その出来事にどのような意味があるのか判断します。

それが思い込みを創っていき、その人の信念になっていきます。


過去の出来事に対する結論や信念を変えるなら、
その瞬間からその人は生き方を変えることになります。

もちろん、仕事への取り組み方もです。


通常、日々無意識にこのようにして取り込んでいく信念が、
実際にその人の人生をつまづかせていることも、決して少なくはありません。

自分の抱いている信念に気づくまで、
それに基づく思考や行動パターンをくりかえしていきます。


そこで、例にあげた上の質問で出てきたうまくいっていない意味などをはじめ、
自分を束縛している思い込みを鮮明にしてみるのです。


「自分が何をしたいのかわからない」とか「失敗するのが怖い」とか
「人に嫌われるのが怖い」などを考えているとしたら、その思いも、一つの「信念」です。

恐怖感を創るのは、実は自分の信念(思い込み)です。


それらは、もちろん手放すことができます。

そういう深いところにある自分の信念の多くは、子供時代に獲得したものです。

また、生まれ育った文化から染み込ませているものもあります。


何度も聴く歌の歌詞だって、その人の信念を創っていくきっかけになります。

当の本人は、それが自分を束縛している信念になっているなど、思いも及ばないでしょう。


意識を鮮明にして、自分に根付いていた考え方に気づけたなら、
その記憶にある自分を解放
していきましょう。


信念は、いずれその信念通りの結果をもたらします。

このことを「Just Believe!!」です。


そして、次から次へと、古い記憶にある自分を解放していって下さい。

それは、意識を鮮明にしていくことに他なりません。


「意識が鮮明になれば、望み実現を阻止する多くの障害は消滅する」

Just Believe!



⇒関連記事 [成功体験に意識の焦点を合わせて仕事する]
⇒関連記事 [自分を制限する思いを手放して仕事する]
⇒関連記事 [無意識力を高めていく仕事のやり方]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。