未来のワークスタイル こだわり
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こだわり
「ない」ことばかりを考えて、それを何とかしようとして目的を持ったとしても、
「ない」エネルギー場につないで思いを放ちますから、行き着くところも「ない」場になります。

だから、そのようなエネルギー状態で発進したなら、いつも何かを恐れることになります。


私達が何らかの目的を持ち、そこへ向かおうとする時に、
最も真っ先にそれをつまづかせるものは「恐れ」です。

「恐れ」は「疑い」を生みます。

そのために、高いレベルでの意識やエネルギーのレベルをを保とうとしても、
発展と創造という成功のエネルギーの場には同調しません。


「恐れ」は否定的なイメージや良くない「期待」をもたらし、
私達が最も恐れているものを現実として作り出します。

「恐れ」は非常にとらえにくく、あっという間に私達の心に忍び込みます。


「恐れ」のイメージとは、私達が望んでいない結果を想像することです。

「ない」ことから想像していきますと、当然そうなるわけです。

頑張れば頑張るほど不安になったり、イライラがつのったりするわけです。


更に、「失敗する」「自分や家族を困らせる」「自由を奪う」「愛する人と別れる」
「自分の命が危うくなる」といった「恐れ」を感じ始めると、
それは往々にして「怒り」に変わります。

そして、自分が脅威を感じている相手に反撃するために、
この「怒り」を利用しようとします。


「恐れ」の感情も「怒り」の感情も、同じ一つの原因から来ています。

その原因とは、「自分の人生で自分がしがみついているもの」です。

手放せずに自分の内側にある記憶です。


「恐れ」と「怒り」は、「自分が何かを失うのではないか」という心配から生じます。

こういった感情を避ける方法は、「一切結果にとらわれないこと」です。

ですが、とらわれないように無理にコントロールしようとしても、
「ない」エネルギー場から始まっているなら、やればやるほどしがらみが強くなります。


ですから私達は、いつも「手放す」ことを実行していきます。

具体的には、「四つの祈り」「感情解放の基本手順」です。

そして手放したスペースに、
今「ある」ことを感謝して、「ある」エネルギー場につながり直して招き入れ、
そこから想像という創造を開始
します。

これが私達がしている「発願⇒確信⇒受取」の「発願」です。


このような準備を調えながら望みを明らかにし、人生の目的に沿った明確な目標を目指し、
そこに既にあることをイメージし、確信し、
ただいまこの瞬間を大切にして、大いにいい結果を手放しながら期待し、
高いエネルギーレベルを保ちながら、特定の結果に完全にこだわらないようにするのです。


「ある特定の結果にしがみつく」感情が強い場合、明らかに手放すべき記憶が再現されています。

特定の結果にこだわらないということは、
どんな出来事にも、どんな結果にも、必ず高次の目的が存在するということを認めることです。


その目的が用意している結果は、人の想像の遥かに越えたところに準備されているのです。

これを私達は、「大いなる御計らい」とか「宇宙の意志」などと呼んでいます。


こだわりを捨てることを学ぶと、私達のエネルギーは常に高い状態に保つことが可能となり、
否定的な出来事を自然と避けられるようなります。

奇跡のような導きと御計らいを経験するのは、
エネルギーを強く保ちながら、肯定的なことをいつも手放して期待している時です。


「既にそうなっている」と思った時に、私達は自らの最高の力を発揮します。

記憶を手放し、こだわりを捨てること。

いかなる障害も、自分の内側のエネルギーが変容するれば、越えていくことになるということ。

「発願⇒確信⇒受取」を実践しながら、この二つを、元々私達は知って生まれてきているという
確信にしていって下さい。


出したものは、必ず返ってきます。



⇒関連記事 [発願のエネルギーレベルを落とさず仕事する工夫]
⇒関連記事 [無限の叡智とつながってする仕事]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」7つの基本的なメンタルセット]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。