未来のワークスタイル 結果のカタチはゆだねる
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結果のカタチはゆだねる
今、何が自分の頭を悩ましているでしょう。

どうもうまくいかないと思っていることは何でしょう。


大切にすることと、執着することとは違います。

頭を悩ます何かがあるなら、結果を限定するようなプロセスや思考に陥っていないか、
確認してみましょう。


人は、何らかの意図があるから、それをしようとします。

「人生を変えよう」

「仕事環境を変えよう」

こういった比較的大きな意図から、

「モテたい」

「楽しみたい」

といった身近な意図まで、何らかの「思い」が先に動き、行動に結びつきます。


もし望まないのに、そのことばっかり思っているとしたら、
それも一つの意図として、私達は無意識にそれに見合った選択をします。

ですから、自分が望まないことはよく起こるのに、
望むことはなかなか実現しないということもよく起こってしまいます。


その理由はシンプルです。

望まないことの結果なら手放すことを比較的容易にできているのですが、
望むことの場合は結果に執着して、手放せていないことが多いからです。


「こうしたい」と思った時点で、そこに意図が働き、
潜在意識にある記憶や欲望が願望となって表出しています。

そして、自分が執着した狭い了見の結果を考えてしまい、あの時と同じような選択をして、
同じような結果を招きます。


自分にとって本当にふさわしいもの、それは、
何もない状態、空の状態、ゼロの状態でなければわかりません。

だから、望むことを実現したいなら、
発願したことが返ってくるまでの細かいところや結果はゆだねましょう。

発願したなら、今「ある」ことを生かして、
今「できる」ことをすべてやり尽くすくらい集中
しましょう。

原理に確信をもってそのようにしていると、原理が「思い」をカタチにしていく準備が調います。


発願したなら、結果として返ってくることは間違いないと確信して、
今この瞬間を何かに没頭する
のが、「発願→確信→受取」のコツです。

行動に没頭している時には、執着の雲が想念に出てくることがないからです。


「こうなってほしい」「ああなってほしい」と明確に願ってもいいのですが、
その結果に執着すると想念の雲が出て、
せっかくの御計らいからのギフトが届いても気づかないで、
受け取れずにいることになりかねません。

ですから、私達は発願したなら、手放します。


ゆだねて、ゼロの状態になって、本当に一番いい方向に物事が動き始めることを確信します。

確信するのは、結果ではなく、すべてが良い方向へと動き始めるということです。

宇宙では、静かに繁栄の法則が働いていて、出したものは返ってくるので、
受け取るだけだということです。


神社でお祈りを捧げる時に、
最後に「かんながらたまちはえませ」と三回言葉を添える風習があります。

いろいろ意図して祈った後は「全て神様にお任せします」という意味です。

奈良県の桜井市にある三輪大社に参拝されますと、
お祈りのしかたが書かれた木板を目にされると思いますが、
そこに「たまちはえませ」と最後に言上申し上げるように案内されています。


発願したなら、今できることに最善をつくし、
自分に最もふさわしいものやことがもたらされることを確信し、
至らぬところを素直に認めお詫びし、お許しを頂き、感謝して、
頂くことを大切にすることをお伝えする
のです。


すなわち、大いなる御計らいに愛を送るのです。

大いなる御計らいには、どう張り合ってもかなわないものです。

安心して、ゆだねて、今この時を、いかに愛と感謝のエネルギーで調えるかを工夫しましょう。

そこに、魂の成長もあります。



⇒関連記事 [「ゆだねて仕事する」ということ]
⇒関連記事 [「執着心」の正体を知り、断ち切って仕事する]
⇒関連記事 [感謝を感じて仕事する大切さ]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。