未来のワークスタイル 目標設定
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目標設定
子供の頃の習慣は、大人になってからの習慣に大きく影響しています。

皆さんが発願する時、すなわち目標を立てる時にも、子供の時の癖が出ている可能性があります。


「発願→確信→受取」でする仕事のやり方の根幹は、
方向性を明確にして、その実現を確信し、結果を素直に受け取り、
その結果から更に望み通りのもの、
もしくはそれ以上のものを得る糧を得ていく
というものです。

宇宙の原理では、何を差し出すかということが受け取ることにつながってきますので、
皆さんがどんな願望(発願・目的・目標)を発信しているかが、
受け取る結果に大きく関わってきます。


この最初の一歩である発願が、単に状況を告げているだけのようなものになっている場合、
差し出すエネルギーが弱いばかりか、具体性にかけており、
そのメッセージを告げられた宇宙には、明確に伝わりません。

宇宙に伝わらないものが、周囲にも伝わるはずもなく、
目標達成に力添えしてくれる援助を得るには、十分なパワーがあるとはとても言えません。


皆さんが小さな子供なら、お母さんに自分の状況を言えば、
その好ましくないことをお母さんが解消してくれるという期待もかなえられるでしょうが、
それは、母子の関係があればこその期待です。

それでも、状況を伝えるだけなら、お母さんは、「我慢しなさい」としか
言ってくれないことも多々あるでしょう。


幼少期にどのように大人に接してきたかが、
発願する時に、その時の癖が映されていることがよくあるので、注意せねばなりません。


仕事において発願したり、目標設定したりする時には、その願いのエネルギー、
そしてその願いの意図がどのようなものであるかが、如実にその後の進展に現れ
ます。

きっぱりと明確に目標を打ち出す目標設定をできるようになるためにも、
自分の意識をはっきりと伝える習慣を日頃から養っておきたいところです。


たとえば、レストランに入って注文を受けにウェイターが来ているのに、
あれにしようかこれにしようかと迷ってばかりいたら、彼は、
「ご注文がお決まりになりましたら、お呼び下さい。」と言って、その場から立ち去るでしょう。

まして、仕事でチャンスを渡そうとする人というのは、
そういう曖昧な意図の人からは、さっさと引き上げていきます。

発願、願望設定、目標設定を打ち出す時、具体的にハッキリと宣言することができないなら、
自分を助けようといつも待ち構えてくれている大いなる力だって、手の貸しようがありません。


レストランと言えば、注文された料理をお出ししたのに、文句ばかり言っている客なら、
手間隙かけて料理した側にすれば、快く思うはずがありません。

注文を受けたから、それに必要な食材などを用い、しかるべき調理法で料理されて出てきたのです。


或いは、そのレストランがどういうものかによって、料理の楽しみ方というのもあります。

街の料理店にはそこでの料理の楽しみ方があり、
三ツ星レストランでは、そこでしか味わえない料理の楽しみ方があります。

街の料理店にはそこでの味わいがあり、高級料理店の楽しみ方をそこに求めるのはナンセンスです。

しかるべきことを、しかるべきところで、しかるべくオーダーしてこそ、
しかるべく楽しめるわけです。


「発願⇒確信⇒受取」で、発願したことを受け取る時も、これによく似ています。

返ってきたことに文句ばかり言っていては、それが返ってきた真の意味を受け取りそこねます。

願いをカタチすることが下手の人に、良くみられる光景です。


望み通りの結果を得たいと願うなら、自分自身の大いなる目的を発願し、
そこに向かう具体的で明確な目標を、積極的で肯定的なエネルギーで、
大いなる御計らいへのオーダーとし
ましょう。

そこに、積極的な行動、否定的な外側からのエネルギーをモノともしない決意を自らも表現し、
実行
してこそ、感動する結果を受け取る流れに乗っていけます。


幸い、大いなる御計らいというレストランは、
どんな要望にも応えることができるレストランですから、何をどのように発願してもいいのです。

ただし、三つ星レストランのようなオーダーをすれば、
三つ星レストランとしてのお応えが返ってきますし、
街中の料理店での注文のような要望には、それに見合った対応をしてくれます。

自分が出していることが、返ってくることを忘れて、何も返ってこないと嘆いている人には、
大いなる御計らいは、「どうか大切なことに気づいてほしい」と、
きっとメッセージを送ってきていることでしょう。


発願上手になって頂きたいと思います。

まずは小さなことから願いを出して受け取る、すなわち、
これならできそうだと思える目標を立てて実行して結果を受け取っていくことから始めましょう。

もちろん、愛と感謝のエネルギーに同調している発願で



⇒関連記事 [手放して幸福に仕事するために]
⇒関連記事 [「お願い上手」な仕事術]
⇒関連記事 [仕事の成果を加速する発願の方法(発願のコツ中級編)]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。