未来のワークスタイル 願いを実現する
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
願いを実現する
願ったことを受け取れないでいる人の心の中には、とても明白な相反する思いが共存しています。

たとえば、
「昇進したいのに、ライバルを恐れている。」
「好きな人とつきあいたいのに、断られることばかりを考えている。」
「経済的な成功をしたいのに、今お金がないことばかり考えている。」
などです。

エネルギーを全く逆方向二点に向けて送り出しているので、
これでは望むことを引き込むようなパワーを集中させることはできません。


願ったことを手にする自分を創造するには、
自分が発する肯定的なエネルギーを持つ意識を曇らせる意識を取り除かなければなりません。


それには、二つの工夫をすることが大切です。

工夫の一つ目は、自分の目標にしっかりとしたビジョンを持つことです。

そのビジョンを揺るぎない信念にまで高めてくれる、自分自身の目的を確立します。


宇宙の原理はいつでも、人の目標を実現させるバックアップの準備万端ですが、
そのように原理を働かすには、まず自分が望むことをハッキリ明白に、きちんと、
満遍なく行き渡っている資源物質に伝え
ねばなりません。

ですから、自分が真に望んでいる意図をごまかすことなく、
自分の感情を無理にねじ伏せることもなく、伝えるようにします。


気をつけなければならないのは、
最初に、自分が今「ある」ところに、価値と感謝を見出ださなければ、
どんなに表面的に美しい意図表現も、自分の心に嘘をつくことになってしまうということです。

心を偽ったまま進んでも、やがて望みに反する感情が表に出てしまいます。


自分の本当の動機を無視しないで受け入れて下さい。

その動機を十分に意識します。

本当の動機を真正面から受け止めるのですが、もしそれが良からぬ動機なら
完全に納得するまで正当なものに変容させましょう。

周りからは無謀と思えるような決断であっても、
心から納得でき、自分にとっては何の不安要素もなければ、
宇宙の原理を味方にして、力強く新しい道を歩み出すことができます。


工夫の二つ目は、願いとは逆方向に向かわせる思いのもとは記憶にあることを認識して、
記憶を手放していくことです。

これについては、ことあるごとにお話していますから、
何をすればいいのかよくおわかりでしょう。

手放していくことにキリはないのですが、それでも少しずつでも手放していくほどに、
目標とは逆方向に向かわす抵抗が弱くなりますので、
手放していくことがどれほど願ったことを受けとるには重要か実感するはずです。


ここで話した二つの工夫は、
「発願→確信→受取」を実行するにあたっての基本的な日々の工夫です。

人は、意識的に実行していくと、やがてそれを無意識に実行するようになっていきますから、
心配なさらなくても誰にでも身につけることができます。

ぜひ皆さんも「発願→確信→受取」のスペシャリストになって頂きたいと思います。



⇒関連記事 [ビジョン構築のガイドラインと現実化に必要なこと]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で行われる「手放す」プロセス]
⇒関連記事 [想像を創造力にして仕事する「発願⇒確信⇒受取」]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。