未来のワークスタイル 自分が変われば見る世界が変わる
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分が変われば見る世界が変わる
この世界では、真逆のものが相対的に「在る」という原理が働いています。

同質のことが、その波動の度数が違ってそこにありますので、
違ったことのように思えますが、元は同じだということがあるのです。


このことからわかるのは、異質なものに変えようとせずに、
同質のものを振動の度数を変えることによって、「在り方」が変えることができるわけです。


高低、東西、南北、明暗、寒暖、熱い冷たい、硬い柔らかい、鋭い鈍い、多少、
騒がしさと静けさなどの現れ方や、
積極と消極、善悪、愛憎、好き嫌い、勇気と恐怖、怠惰と行動的、冷静と情熱など、
人としての在り方などがそうです。


これらは、波動の度数の違いとして、相対的に現れるものです。

極を定めて固定した強力な振動をある対象に送れば、やがてその対象はその振動数を変えます。

変わるのは、種類ではなく、度数です。


ですから、全く別のものに変えることはできませんが、現れ方を変えることが可能なのです。

この原理を生かして、問題解決、悩み解消、状況転換などの手立てを、
私達は打つことができます。


また、相対する状態は、どの支点から見るかによって、
別の様相としてとらえる
ことになります。

たとえば、気温摂氏5度の地に、摂氏30度のところから来た人は寒く感じますし、
摂氏マイナス20度のところから来た人は、同じ気温を温かく感じるでしょう。

すなわち、見る支点が変われば、在り方が変わるわけです。


このように、全ては振動の度数の差であり、
加えて、どこを支点にして見るかで、その意味も様相も違ってきます。

私達の心も同じで、振動数を上げ下げして、或いは支点を動かすことで、
心の在り方や状況のとらえ方を変えることができるのです。


「発願→確信→受取」を実践している私達は、
エネルギーの在り方をニュートラルな状態にして見ることを身につけていきます。

その状態を、「四つの祈り」「感情解放の基本手順」によって得て、事態のエネルギーの在り方を知覚し、
「ない」状態のエネルギー場ではなく、「ある」状態のエネルギー場につないで、
変容させていく
ことを実践していきます。

私達はこのようにして
自分のエネルギーの在り方をコントロールしていくことを学んでいきますが、
実際にはもっとシンプルに、
感謝のエネルギーに満たされるためにたくさんの「ありがとう」を発信することを
実行するだけでも、
状況の召し使いになってしまうのではなく、心のマスターになって、
自分がこれから進んでいく方向を指し示すことができます。


なぜ日頃から「ある」状態のエネルギー場につなぐようにすることが重要なのかを、
よくご理解下さい。

「自分が変われば状況が変わる」という真の意味をよくご理解下さい。



⇒関連記事 [自分の深いところも変容させて仕事する]
⇒関連記事 [同質のエネルギーの対極の表れ方]
⇒関連記事 [自分の内側のエネルギーを調えることに精通して仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。