未来のワークスタイル 怒っても良くならない
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怒っても良くならない
思い通りの結果が出ない場合、怒りがこみ上げてきたり、不機嫌になったり、
自暴自棄になったりすることがあります。

その反応は、納得できないその結果を助長させるだけですから、
決してすすめられることではありません。


自分が関心を向けている対象は、エネルギーを増強させ、
現実となって登場するべくエネルギーの流れを起こし
ます。

ですから、納得できない結果であったなら、
関心を寄せる先をうまくいかなかったという過去ではなくて、その時にこそ、
自分が望む方向に意識の向け先を変えるべきです。

納得できない状況になったのは、大切なことに気づいてもらいたいという大いなる御計らいからの
メッセージだととらえて、関心を向ける先を変えましょう。

注ぐエネルギーを別のところに束ねて、新たに発願し直し、これまでとは違った行動を取るなら、
違った結果を受け取ることは望めるのですから。


大いなる御計らいが、気づいてもらえるように更に同じかそれ以上の状況にして、
わかりやすくされているかのように、
納得できない結果に執着すれば、また同様の結果を招くことになるでしょう。

大愛は、本当に目覚めてほしいと願っておられるに違いありません。


どんな状況になる場合でも、そうなる前に、警告となる状況が必ずあるものです。

このまま進めば、こうなるという知らせは必ず届いています。

ですが、重大な事態になってやっと気づくことになったのは、
きっと何かに執着していたところがあったから、気づかないでいたのでしょう。


執着は、状況を見誤らせます。

どうせ執着を手放すしかなくなるのですから、
それなら私達は、日頃から「手放すプロセス」を励行していきましょう。

重い腰を上げて、自分自身に向き合って下さい。

大変な事態になる前に、今すぐ、それまで無視してきた警告に向き合って下さい。


人生や仕事に起こる現実の責任は、自分自身で引き受けるしかありません。。

腹が立つようなことが起こったのは、
何かを気づかせてくれるための大切なシグナルが出ているからです。

何かに執着して怒るだけなんて、もったいないです。

不機嫌になってては、せっかくの機会を取り逃してしまいます。

怒りを鎮めて、真のメッセージを受け取りましょう。



⇒関連記事 [「執着心」の正体を知り、断ち切って仕事する]
⇒関連記事 [怒りをおさめて仕事する]
⇒関連記事 [仕事における感情を手放す大切さ]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。