未来のワークスタイル 「出したものが返ってくる法則」は基本
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「出したものが返ってくる法則」は基本
「代償の法則」を誤解なさっておられる方がおられるようです。

これは、何かを犠牲にしなければ望むことが手に入らないという意味では、
決してありません。

仕事を「~せねばならないこと」と考えている方には、
仕事は「無理をして当然」という概念を固まってしまい、そのように解釈されたのでしょうが、
この法則は、「出したものが返ってくる法則」を別の角度からとらえて言ったものです。

エネルギーや波動の共鳴などの基本的なことを理解されて、
その上で正しく解釈して頂きたいと思います。


アール・ナイチンゲールは、
差し出せる「代償」としては、「思い」「想像」「勇気」などを挙げています。

また以前にお話した「収入の10%の貯蓄」なども、
この法則で言う代償として生かすこともできます。

目標達成における最重要な代償は、「行動」です。


このように、今「ある」ことを生かす、もしくは、今「できる」ことを実行することを、
この法則では「代償」と呼び
ます。


要するに、「出したものが返ってくる法則」において、
何を差し出して、何を受け取っていくかということです。

「犠牲」を差し出せば、受け取るのは「犠牲」です。

「犠牲」は、この法則を正しく応用していくに当たって、
決して差し出してはならないことの一つです。


「発願⇒確信⇒受取」では、仕事の技術的なことは、「確信」のところで生かします。

「確信」は、パフォーマンスでいきますと「する」、すなわち「行動」です。

「発願⇒確信⇒受取」「なる⇒する⇒もつ」


もし望むことをうまく受け取れていないとしたら、
差し出していること(もの)を、よく吟味し直してみるといいでしょう。

どういうエネルギーにつながって、どのような行動が主体になっているか、
今のご自身の在り方を確認しましょう。


差し出すものが変われば、当然受け取ることは変わります。

何も差し出さずに受け取ろうとなさっているなら、
まず「出したものが返ってくる法則」を理解し直して下さい。

差し出しているのに、うまくいかないなら、差し出していることを見直してみましょう。


基本は、「出したものが返ってくる法則」


「発願⇒確信⇒受取」で仕事をなさっている皆さんは、
自分が何を信じて、何を選択し、どのような行動をしているかが、
どのようなことがカタチとなって受け取っているかになるということを、
真の理解を得た「代償の法則」として実体験されているはずです。



⇒関連記事 [エネルギーの空白と「出したものが返ってくる法則」]
⇒関連記事 [「代償の法則」を知って仕事する(調和の原理)]
⇒関連記事 [自分のエネルギーの状態が仕事の結果に出る]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。