未来のワークスタイル 内側のエネルギー
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内側のエネルギー
言葉は、自分が放つエネルギーの一つです。

口に出す言葉も、頭の中で考えている言葉も、エネルギーとして放たれています。


喜びを感じているエネルギーと、怒りを感じているエネルギーが全く違う波動であることは、
感情エネルギーが出ている人のそばにいれば、誰にもわかるでしょう。

私達は、絶え間無く思考していますから、絶え間なくエネルギーを放っているわけです。

頭の中で考えていることや、口癖になっている言葉などは、
意識して言葉を発する「祈り」と違って、無意識になされることがほとんどですが、
それは実際のところ、絶え間無く祈っているのと同じことです。

そうして自分から放たれているエネルギーが、
その波動に合うエネルギーを持つ対象を連れて返ってくるのですから、
自分の思考、行動、感情のエネルギーを調えることは、とても重要なことなのです。


自分の内側の波動を調えるために、瞑想やお祈りをされている方もおられるでしょう。

ですが、それさえしていればいいのかと言うと、そんなことはありません。

仮に30分の瞑想やお祈りを毎日しているとしても、
それ以外の23時間30分を喧騒や不満のエネルギー中にいて、
気に入らないことばかり考えているとしたら、
圧倒的に喧騒や不満が主体となる日々を過ごしているわけですから、
不安定な日々が続いて当然でしょう。


アインシュタインが言うように、ヒラメキは、心に準備ができている時にやってきます

自分の内側のエネルギーを調えるための時間を日々持っていることは素晴らしいことですが、
加えて、現実的な選択や行動にその波動が降りてこなければ何にもなりません。

心の準備ができていて、その波動で行動してないと、
常に注がれてくるヒラメキの波動をキャッチすることはできません。


その準備の一つとして、以前にもお話しましたように、
「この状況で、プラスになることは何か?」
と、いつも自分に語りかけることを習慣にすることから始めて、
物事を見る洞察力を高める工夫を日頃からしていきましょう。


自分はどちらかというと悲観的だし、マイナス思考が強い傾向にあると思われている人にも、
これならできるでしょう。

意識的に自分に尋ねることが目的です。

その自己質問に、プラス思考で答えなければならないなんてことは、一切ありません。

悪い面に目に意識が向いていると知覚てまきたら、その都度、
「いい面はどこだろう」
と、視点を変える質問を、自分にしていくことを習慣
づけていきます。


認識されている方は少ないようですが、悪く考えることに慣れている人は、
同質のエネルギーの対極となるエネルギーも同様に高くなっています。

エネルギー対極調和の原理です。


人には、「知覚⇒反復⇒獲得」という習慣を獲得する機能が備わっていますので、
意識的にでも続けていくことは、やがてそれを無意識に行うようになります。

たとえば、いつも同じ場所で、リラックスできる同じ椅子に座って、
同じように心をリセットする習慣を持てば、
やがてそこに座るだけで、心がリセットされるようになるでしょう。


心の準備を阻止しようとする失敗の経験などの記憶も同様です。

そういう記憶があるということは、
それだけ対極のエネルギーの質を向上をさせ得る素養を持っているということなのです。


否定的な面は、誰にもあります。

なぜなら、それは生命維持のためにも大切な感性の一つだからです。

否定的な思いがあっても無理にそれに抵抗しようとせず、
そのエネルギーを生かす
ことは誰にもできます。

それを理解し、100%納得し、実行していけば、
宇宙の無限のバックアップと、自分の内に眠らせていた無限の可能性が、共鳴し始め、
強力な変容パワーになります。

やってみて下さい。



⇒関連記事 [自分の内側の変容を知覚して仕事する]
⇒関連記事 [仕事や日常に使っている口癖をチェックする]
⇒関連記事 [頭の中で繰り返されている言葉に気をつけよう]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。