未来のワークスタイル 競争
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
競争
人との関わりを形成していく上で、社会的な立場や役割など表面の姿で関わろうとする人と、
人の内側にはみな共通することを感じて、感謝と思いやりでつながろうとする人がいます。

言いかえれば、現実的な功利を重んじる人と、魂と魂の交流を大切にしようとする人です。


一時期、深いレベルで人とつながることが疎まれ(うとまれ)ていた時期がありましたが、
仕事や生活などの現実的な面においては、
それがとても大切だし役立つことなのだと気づき始めた人も、最近は増えてきました。


人の心の深いところには、
「本当の自分の姿を見てもらい、正しくわかってもらって、接し合いたい
と望むエネルギーがあります。

これは、人が持つ純粋なエネルギーの一つです。


一方で、財産や社会的成功や安定を望むこと、或いは美しくありたいといった望みも、
純粋なエネルギーを持つ心のエネルギーです。

それが原動力となり、ひたすら仕事に打ち込んでおられる方も、大勢おられます。


人が仕事や日常生活で重視するものは、時代と共に変化するかもしれませんが、
純粋な心のエネルギーとしてある根本的な人間の感情は、
どんなに時代が変わってもとても強いものです。


かつて、競争するということは、そのまま対立を意味し、相手を打ち負かし、
勝利することだけがすべてであると、多くの人に認識されていました。

もしそうだとすると、魂レベルの喜びを放棄しなければならないと、
誤解されていた時代でした。

魂の喜びと現実的な喜びが調和できていなかったのです。


ですが私達は、この二つは調和すると知っています。

その調和を確立していくために、日頃の自分がどのような思いに支配されて、
どのようなエネルギーを発信しているのか、
そして、その結果、どのようなことが返ってきて、現実的な日々になっているのか
を、
私達は「発願→確信→受取」通して学習しています。


皆さんは、温かい気持ちで、笑顔で挨拶できておられるでしょうか?

人と話す時には、まっすぐに相手の目を見ておられるでしょうか?

相手を名前で呼んでおられるでしょうか?

手を差し延べてくれた人に、心から「ありがとう」と言えているでしょうか?

相手の話をさえぎらずに、興味を持って、耳を傾けておられるでしょうか?

相手の経済状態や社会的地位などに関係なく、
全ての人に同じ礼儀正しさで接しておられるでしょうか?


これらの日常的なことの中に、その学びがあります。

先に挙げた日常の当たり前のことの中で、自分にはできていないと思えることがあるなら、
それを一週間のテーマにして、自分のものにされてみてはいかがでしょう。


もっと思いやりと尊敬をもって人と接することができるように、
頭の中でけっこうですから「四つの祈り」を励行して、
愛と感謝のエネルギーに同調する思いで満たされるようにしていきましょう。


皆さんが経営者やリーダーの立場であるなら、
自分のグループの雰囲気を決めているのは、誰でもない自分自身です。

メンバーにもっとよい仕事を望むなら、
まず自ら発するエネルギーを調えていかねばなりません。


自分が味わう現実に最も大きな影響を与えているのは、自分自身の「思い」です。

愛と感謝のエネルギーに同調すればするほど、
魂は潤い、現実的な喜びをたくさん手にしていくことができます。


「思い」が先です。

自分の「思い」にどのようなベクトルを持たせるかが、
魂の喜びと現実的な喜びを共に手にする鍵です。

自分を愛せている人は、たくさんの愛を受け取り、
自分を信頼している人は、絶大なる信頼を寄せられるようになっていきます。


ライバルがおられるなら、そのライバルを尊敬の念で思い、敬意を払って
切磋琢磨していきましょう。

この時代は、それができるようになってきているエネルギー場に移行しています。



⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で仕事する人のルール]
⇒関連記事 [私達は「共存」する仕事のやり方へ移行中]
⇒関連記事 [「与えること」と「受け取ること」と仕事]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。