未来のワークスタイル 嫉妬
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫉妬
ネガティブな感情の中でも、嫉妬心はとても厄介かつ強力な影響力を持つ感情です。

誰だって、そう簡単に理想的な人間になることはできませんが、
達成したい目標がある時にいつのまにか心に入り込み、
どんなに追い払おうとしても、知らぬ間にまた入り込むのが嫉妬心です。

実に厄介な感情です。


人と比べることが癖になっている人の心に入り込むことなど、嫉妬心にはいとも簡単なことです。

嫉妬心が入り込みますと、簡単に否定的な感情が心を支配します。


嫉妬心には、表に出さず後ろに隠しておきたい欲求を狙って入り込んでくるという
特徴があります。

そして嫉妬心は、自分と同等、もしくは同等に近い人と自分を比べている時に、
自分の方が劣っていると感じた時に、スコンと入り込んできます。


こういう特徴がありますので、嫉妬心と正直に正面から向き合うことで、
自分の内側の真の自己とのつながりを強めるなら、
分が心の底で重要だと思っていることと、
自分が今どんなレベルにいると感じているかの二点に関して、正直なところがわかります。

知覚できれば、素直に認識し、受け入れ、手放すことができます。


ですから、隙を見て入り込んでくる嫉妬心ですが、
誰かに嫉妬し始めたからといって、慌てることはありません。

誰かに嫉妬してしまったなら、自分について、また一つよくわかる機会でもあるので、
地に足をつけた目標設定の再調整が可能
です。


嫉妬心がきっかけとなって、何かにがむしゃらに取り組み始めることもあるでしょうが、
嫉妬心は「ない」ところに立脚して出てくる感情ですから、
そのままでは、行き着くところは「ない」ところ、
すなわち手に入れることがない地点がゴールとなります。

嫉妬心を完璧に封じ込めることは難しいでしょうから、
嫉妬していると知覚したら、「感情解放の基本手順」を踏んで感情エネルギーを手放して、
心をニュートラルな状態にに戻してあげましょう。


嫉妬心を野放しにしておくと、愚痴や言い訳や批判や自己弁明、他人の感情に巻き込まれるなど、
あらゆる否定的な行動を誘発しますから、早急の対処が必要です。

知覚できた感情や、自分の決意や意思などは、今すぐコントロールすることが可能です。

人と比べることをやめ、嫉妬心が今の自分の正直なところを指摘してくれているのですから、
「感情解放の基本手順」によってニュートラルな状態に立ち返り、
改めて、今自分に「ある」ものに焦点を合わし直し、
真の自己と目指す真の目的に向かう喜びを取り戻し
ましょう。

すべての感情の知覚は、記憶を手放す機会が来ているというメッセージです。



⇒関連記事 [望む仕事を愛のエネルギーで歓迎するという選択]
⇒関連記事 [自分の人生に起こることの責任を自分が引き受けて仕事しよう]
⇒関連記事 [反発したくなる感情と折り合いをつけて仕事する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。