未来のワークスタイル 叡智とつながる
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
叡智とつながる
私達は、いつも頭の中であれこれ考えています。

意識していない時でも、考えることを途絶えさせていることはありません。


「思い」は、エネルギーです。

いつも考えているということは、私達はいつもその波動を周囲に広げていて、
共鳴しあうものが返ってきてそれらを受け取っているということです。


一方、宇宙からは、絶えることなくエネルギーが注がれています。

そこには無限の叡智があり、私達はそれらをヒラメキ、直感として知覚することもできます。


何かが頭の中でひらめいた時、それは宇宙からの無限の叡智を受け取っているのか、
それとも、潜在意識にある記憶が無意識に思考させて表に出てきて知覚したのかは、
とてもわかりづらいかもしれません。

しかも記憶には、太古より綿々と伝えつなげてきた叡智もありますし、
単に古い過去の自分がその時の自分の解釈を記憶しただけのものもあります。


どれも、「わかった」「そうか!」といった感覚を覚えるところは共通しています。

ですが、そのヒラメキがどこから来ているかには、波動に違いがあります。

自分のかつての解釈としての記憶から出てくるヒラメキには、わずかながら重量感があります。

感覚として、少し重々しい感覚があります。


一方、無限の叡智として受け取るヒラメキには、
思考や理由付けを必要としない、理屈抜きの透明感
があります。

また、私達の遺伝子に組み込まれてきた叡智の記憶からのヒラメキなら、
次につなげる行動がとても速やか、かつ、目に見えないチカラ添えを得ている感覚があります。


かつての自分の解釈としての記憶から出てくる思いつきは、時に力強く訴えてきます。

若干、そうしなければならないような切迫感も伴います。

結果に、制限された思いを抱くので、
それが古い自分個人の記憶によるものだから、それは天来のヒラメキではないとわかります。

よくお話する「ねばならない感」です。

その思いが雲のように自分の周りに湧いてきて、
同時に届いているはずの無限の叡智をさえぎっていることがありますから、
ヒラメキを得て結果にこだわっているようなら、そのヒラメキを実行する前に、
必ず「手放すプロセス」
踏む必要があります。


手放しますと、「執着」という思いの雲が晴れ、直感アンテナを立て直すことができます。

手放して、今「ある」ことを生かして、
今「できる」ことを感謝して実行することに没頭していますと、
意識も鮮明に晴れ渡ってきて、天来の直感を受け取る準備が調います。


かつての自分の解釈という記憶による思いつきは、そのことに対する執着が強いのです。

それが、先に申し上げた重量感の正体です。

同時に、「もし~だったら」に代表されるような、
行動を伴わすことのない妄想をよくすることでも、
自分の記憶が強く出ていることがわかります。


手放すことを日常に実行していくことが見せてくれる素晴らしいことの一つは、
宇宙の原理は細かなところまでくまなく働いていて、
今の自分は、いかに宇宙の原理が完全に働いていた状態でここにこうしているのかを、
感じさせてくれるところです。

時には、涙が出るほどの感動を持って実感することもあるはずです。


仕事上で起こることには、必ず何らかの関わりを、それが起こる前にしています。

直接的な関わりだけではありません。

自分がそれまで放ってきた「思い」のエネルギーに共振して具現化してきます。

私達は、それを目撃しているのです。


だから私達は、かつての自分の解釈という記憶による思いつきではなく、
人類が綿々と培ってきた叡智や、天来のヒラメキが働きやすく、受け取りやすいように、
愛と感謝で始め、愛と感謝で終える仕事をしていきます。

そして、もし特定の思いが強く自分を襲ってきたら、即刻それを手放します。

手放して、思いの雲が晴れて生じるエネルギーの空白に、
無限の叡智をインスピレーションとして招き入れます。


「~したい」「~がほしい」という気持ちは、
それを受け取る準備を調えることが可能だというメッセージです。

そう思うこと事態は、決して悪いことではありません。

むしろ、夢や希望、目標はどんどん積極的に持って頂きたいと思います。


そして、受け取るのをジッと待つだけでなく、そこに向かう行動を起こしましょう。

そして、それが本当に自分にとって正しい結果なら必ず届くことを確信しましょう。

そのためには、自分が放つ波動を愛と感謝と思いやりで保つことが望ましいということを、
よくご理解下さい。


今ここでこうしてこの仕事をしているのには、
大いなる御計らいと自分の選択が調和した完全な状態としてある姿です。

今の状態が居心地の悪いものであるなら、その元になっている記憶を手放していきましょう。

手放すほどに、完全な宇宙の原理と調和した完全な状態としてここにいる自分を
実感することになります。



⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」でする仕事の「確信」で行うこと]
⇒関連記事 [感謝の思いで仕事できているか]
⇒関連記事 [「今」あるものを生かして、「今」できることを積み重ねる仕事]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。