未来のワークスタイル 人間関係と洞察力
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間関係と洞察力
洞察力は、時代やマーケットを読む力として発揮されるだけでなく、
人の機微を察知して、人間関係を潤滑にするのにも大切な能力
です。


人間関係における洞察力は、一言で言えば、
「正確に相手を見抜く力」ということになるでしょう。

これは、相手の真の目的や目標、意図、望みに、
瞬時に波長を合わせるのが長けているということです。

相手が何を必要としているかを認識し、
いかにその人が求めることを助けられるかということです。


洞察力を人間関係で発揮するには、
その人がどんな人で、何をほしがっているのかを知りたいという熱烈な関心を、
まずこちらが持つ
ことが求められます。

その人がどんな人なのかを知ろうとする時、私達は相手のことをいろいろ想像しますが、
洞察するには、まずその人に何が起こっているかの実際をよく観察し、
相手の言葉には熱心に耳を傾ける
ことが求められます。


現実的に、多くの人は、自分と自分がする仕事に関心を強く向けるものの、
一緒に働く人にはあまり関心を寄せません。

やたらと押しが強くて、
こちらの話をよく聞かずにせっかちに説明するような仕事ぷりだとしたら、
正にそういうタイプです。

お客様の立場で販売者に接する時、
聞いているようで、お決まりの質問ばかりしてくるような接客をされたとしたら、
その人もまた、このタイプの典型です。

洞察力を働かそうとしている人は、
相手が何に関心を持ち、どのようなことを必要としているのか、注意を熱心に傾けます。


また、親しい間柄でも、その人のことをよく知っているという思い込みは、
あまり関心しません。

昔のイメージや自分の妄想で判断しがちになり、
そうなれば相手を十分に洞察し、耳を傾けなくなってしまいます。

人も宇宙の原理の元で生きていますので、刻々と変化していることを忘れてはなりません。


どんな人でも、結論を急ぎ、せっかちになっていると、ずさんな観察しかしなくなり、
自分の思い込みで判断
してしまいます。

人に対して横柄になっている時など、この典型です。

その状態では、相手が情報を差し出す機会を、自ら遮断してしまいます。

堅実に検証することなど思いも及ばず、
人の噂やイメージで軽率な観察をしてしまうでしょう。


どこの職場でも、噂話があふれていると思います。

良い噂も、悪い噂も、それを鵜呑みにすることは危険です。

噂話の(笑)に入ることは、決してしないことです。

特に、悪い噂を流す人のほとんどは、自己擁護のためにそうしている場合が多いので、
事実とは全く異なっている場合がとても多いのです。


洞察力を高めるために、留意したいことは次の通りです。



あらゆる仮定、推測を手放す。

他人がその人について言っていることを無視する。

その人のことを以前から知っている場合、過去は忘れ、今この瞬間、目の前にいる人のあるがままを見る。

その人に関心を持ち、忍耐強く話を聞く。

人とは決して比較しない。今、目の前にいる人は、過去に会ったどの人とも違う。

自分の結論を出す前に、相手の見解や動機を知る。




人は学び、成長し続けています。

また人は、批判されていると感じた途端に、自分の心ににフタをします。

逆に、安全だと感じれば創造性を表に出し、最善のものを出そうとします。


私達は、人類の起源より、相手を認知した瞬間は身構えますが、敵ではないと認識したら、
危害を加えるつもりはないというメッセージを伝えるようになっています。

笑顔は、それを相手に伝えるために、人に備わったとさえ言われています。


一切の先入観を持たずに人と接することが、対人関係において洞察力を発揮する第一です。

批判的な心でその人と向かえば、明らかに大切なことを見落とし、相手に警戒心を持たせ、
その人との関係を閉じることになってしまうでしょう。

こちらが心を開いていない相手が、心を開くことはありません。



⇒関連記事 [仕事に支障をきたす人に指摘する時]
⇒関連記事 [人間関係のスキルを高めて仕事する]
⇒関連記事 [素直な心が怒りの心を凌駕する]



ランキングに参加しています!応援ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。