未来のワークスタイル 体力、 知力、心力、財力
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体力、 知力、心力、財力
体力知力心力財力 の四つは、私達が豊かさを実感する代表的な四項目です。


体力がある身体、すなわち余裕がある丈夫な身体をつくるには、
十分な食物や着心地のいい衣服、暖かい住まい、
休息や気分転換をするゆとりある時間などが必要です。

また、知力を磨いていくには、本を読む時間、旅をする時間、
知的な会話の相手などが必要です。

更に、芸術に触れる環境があれば、次の心力をも助けます。

心力をつけていくには、愛と経済的ゆとりが求められますが、
逆境が心を鍛えることも忘れてはなりません。

四番目の財力を持つには、まず「お金に対する固定観念」を排除せねばなりません。

経済的に恵まれるのは、一部の人の特権で、自分には無理だという固定観念を
完全に捨てる必要があります。


この四つを実感できる流れを、「発願→確信→受取」で起こしていくのです。

その鍵となるのが、「出したものが返ってくる法則」です。

何を差し出すか、何を与えるかということです。


豊さを感じる感性は、「与える」ことと切り離すことができません。

たとえば、「愛する人に与える」ということは、人の自然な願望です。

「豊さの感性」「与える喜び」は、セットになっています。


純粋に与えることに喜びを感じる時に、私達は、
自分自身を最大限に成長させ、生かすことができている感覚を覚えます。

願いを実現させるために行う最初のアクションは、「与えること」です。

何を差し出すかということです。

素直に自分の願いを「発願」することから「発願→確信→受取」は始まりますが、
この「発願」が、与えることが素直な喜びに感じるエネルギーで発せられているかどうかが、
その後の流れを変えていきます。

もし、与えることに執着心が付随していますと、見事に記憶に翻弄されてしまいます。

そして、期待に過度に振り回され、期待に反したことが返ってくると、感情が強く出過ぎて、
そこに秘められている願いを実現するための大切なヒントに気づくことができなくなります。


こうなることを避けるために、私達は、「手放された期待」を知らねばなりません。

出したものが返ってくるわけで、もし予測しなかったことになっても、
それは自分が放ったエネルギーがカタチなって返ってきたのだから、
自分の人生に起こることの責任は自分で引き受けて、
返ってきたことに反応して出てきた感情を手放し、
そうなることになった因となる記憶を手放し、自分の内側のエネルギーを調え直して、
発願し直すところからやり直します。


私達は、返ってくることに豊さを感じる感性で発願しましょう。

そのために、十分な愛と感謝のエネルギーを自分の内側に満たして願うようにしましょう。

そうすることで、最初に話した豊かさを実感できる要素を見つけていく感性で、
流れを起こすことができます。



⇒関連記事 [豊かさの方程式(後編-現われ方)]
⇒関連記事 [感性を高めて仕事する]
⇒関連記事 [直感アンテナを高く立て直して、突破口を見つける]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。