未来のワークスタイル 願いの質をアップ
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
願いの質をアップ
自分が望んでいないことは何でしょう。

望まないことからは目をそむけたくなるものですが、そのままにしておくと、
望むことを実現していく時に、それがメンタルブロックとなってしまいます。

ですから、心の深いところに閉じ込めた望まないことは何かを知って、
それをいい思いに変容
することが大切です。


望まないことをいい思いに変えるには、まず望まないことを書き出します。

浮かんでくるままの自然な自分の表現で書くようにしましょう。

そして、それを肯定的な現在形にして、既にそうなっている言葉に書き換えます。

望まないことを肯定するのは、いささか恐怖感があるかもしれませんが、
人は、知覚したことには意識のチカラを生かして変容させることができます。

ですから、何故それを望まないかを掘り下げるために、このようにします。

そして、その望まないことの後ろに隠してしまった本当は望んでいた真の望みは何なのか
考察してみましょう。


こうして、心の深いところに移行したことに光をあてます。

そして、それを受け入れて手放していくのです。

手放すのには、「四つの祈り」が最適でしょう。


人生で経験する出来事は、自分に心当たりがなくても、
自分の深いところの記憶がエネルギーと流れ出して、その経験に影響を与えています。

これは善悪の問題ではなくて、「出したものが返ってくる」という宇宙の原理が働くのです。

そして、その経験には、
私達が魂を成長させ、真の自己の目的を学び、人として成長するという意味もあります。


私達は、意識を鮮明にしたら、何を経験したいかを選択することができます。

それを真の自己の喜びと照らし合わせて、発願するようにしましょう。

誰にもつらい記憶はあるものですが、
希望の光は、事実を事実として認めることができてるところに射します。


直接の個人的な経験による記憶だけでなく、
文化、報道など、人はあらゆるものから吸収し、
自分の信念(思い込み)を潜在意識に組み込んでいますから、
それらを一つ一つ紐解いて手放していきながら「発願⇒確信⇒受取」を行っていきましょう。



⇒関連記事 [「発願(目的)」を明確に掲げて仕事する時の重要ポイント]
⇒関連記事 [行動が連動する発願のコツをつかんで仕事する]
⇒関連記事 [純真な願いを実現する喜びで仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。