未来のワークスタイル 自立
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自立
自分はどういう人間になっていくかという根拠を、
自分の外側に置いたままの人は、けっこうおられます。

学生時代なら、そういう人が多いということもあるでしょうが、
社会に出て自立する時になっても、そのままというのでは、
人生の先行きを考えるなら、不安にもなるでしょう。


自立するというのは、「自分の人生に起こることの責任を自分で負う」ということです。

「今、自分をこういう気持ちにさせている責任は、自分以外の人やモノ、環境にある」
と思っている人は、まだ自立していないということです。


全部が全部そうではないのですが、不機嫌もしくは不愉快そうな表情を見せている人に、
その理由を尋ねたとしたら、

「誰々がわかってくるない」
「誰々に気分を害された」
「誰々に嫌われているようだ」

など、自分の他にその気持ちの原因を語ることが多いものです。


起こった理由を、自分の外に置くという経験は誰にでもあると思います。

心情的にそんな風に思ってしまったとしても、そのままにしておくと、
自立していない状態に戻っていますので、自分が納得できる解決は見つかりません。

自分の感情や考え方が、外側に左右されている状態にありますと、
問題にエネルギーを注ぎ込むばかりなので、解決するどころか、
益々問題を膨らませてしまいます。

私達は、自分の問題は自分でしか解決できません。


ここでは、宇宙の原理を生かす仕事のやり方のヒントをお話していますが、
「生かす」というのは、「依存して解決しようとする」というのとは、
まるで違うことをよくわかっておく必要があります。

良い宇宙のエネルギーが凝縮されて集まる場所もありますので、
そこに行き、滞在すれば、エネルギーが浄化されることもあります。

ですが、自分が自分である根拠を他に求めるような自立できていない状態のままでは、
根本的な解決を得る時は、永遠にこないでしょう。


自分が持つ不満や不平の種は、自分が蒔いたのだということを知覚しなければなりません。

出したものが、やがて波動を同じくするものを巻き込んで返ってくるのです。

どんなに有効なメソッドも、どんなに素晴らしい気に満たされた場所も、
私達を建設的で創造していく力になってはくれますが、
解決は、自分の手で、自分が責任を持ってしなければなりません。

他に解決してもらってその時は良くても、
自分の内側に根本的な原因となるものが残っている限り、また同じようなことが起こります。


同じ仕事でも、自分の外側に根拠を置く人は、
「させられた」「すべきだ」「ねばならない」などの思いで進めていきます。

自分の内側に、今の自分を創り上げてきた種があることを忘れますと、その傾向が強くなります。


「発願→確信→受取」で、出したものが返ってきていることを実感しましょう。
そして、どんな気持ちになっていても、
その気持ちに対する責任は、自分で引き受ける強さを養いましょう。


自分に起こることの責任を自分が引き受けることを受け入れた時、
自分の考え、感情、行為、行動は、
自分自身の内側からコントロールすることができるようになります。

これは、意志の力が宇宙のエネルギーとも協力関係になり、
物事を次々と実現していく強力なアイテムとなるのに、とても大切なことです。


いろんなことを自分の責任でやっていくことを決意しきれてていない人にしたら、
まだわからないかもしれませんが、
自分で責任を引き受けるようにすることで、他に根拠を置く仕事より、
比べものにならないくらい無駄なエネルギーを省くことになりますので、
自立することができた時には、
「なんでもっと早くこうしなかったのだろう」と想うことでしょう。

その方が、ずっと仕事が楽になるし、早いのです。

自立した仕事では、細かいところは、宇宙の原理がすべて引き受けてくれるのですから。



⇒関連記事 [仕事する喜びを感じている人達]
⇒関連記事 [「出来事」を越えていく仕事力]
⇒関連記事 [自分の仕事に起こることの責任を自分で引き受ける]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。