未来のワークスタイル 自分の内側とのつながり
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の内側とのつながり
私達の内側で、私達が慈しんでくれるのをジッと待っているその小さな子は、
私達がこの世に生まれる前から、ずっと私達と一緒にいる、
元いた愛の世界にいる時の自分自身そのものです。

自分の本質であり、愛の波動そのものです。

そして、それは、宇宙そのものなのです。


多くの人は、その子を「魂」と呼びます。

呼び方はどうであれ、その子にとっての心は、
この世界で現実を認識する私達にとっての身体です。

私達が、健康で美しくあり、豊かな生活をしたいと望むように、
その子は、明るく、ピュアで、豊かで深い心を望んでいます。


私達が、もっと健康で、もっと美しく、もっと豊かであると幸せを感じるので、
心は、現実世界で生きる身体を持つ「ワタシ」という生命に、
成長する喜びを体現させようと一生懸命です。

美しくなりたい、綺麗になりたい、いい家に住みたい、いろんなところに行ってみたい…と、
いろんなことを知ることを私達は望みますが、
それは心が望むことでもあり、魂が望むことでもあるのです。


一方、私達の内側の小さな子、魂は、
自分自身にもまた、身体の役割があることをよく知っています。

とても小さな存在だけども、
自分もまた、大いなる源にとっての身体としての役割の一つがある知っています。

それに、大いなるなる源は、たくさんの「身体」を持っていることも知っています。


森の木々も、山々も、泉も、川も、湖も、海も、空も、星々も、いろんな姿、
形をした人間達も、人間以外のあらゆる生命も、
すべてが各々の役割、大いなる源の役割を担っている、
大いなる源にとっての分身だと知っています。

小さな子は、全てが自分と兄弟姉妹だと、知っているのです。


心は、そんな小さな子の望みを表現するのが自分の役割だと知っているから、
「満たされたい」という思いを失うことはありません。

そして、身体を持って生きている私達は、心の願いをかなえようと、
あらん限りの身体の機能を使って、心のせつなる思いを満たそうとするのです。

喜怒哀楽、快・不快は、そのための優秀なセンサーです。


このように、本来、大いなる源、魂、心、身体の願いは、
すべて同じ方向性を持つ関係性にある
のです。

大いなる源の願いは、すべての魂の幸せ、魂の幸せは心の幸せ、
心の幸せは、この世界に身体を持って存在することを決意した自分自身の幸せです。

そしてすべての存在は、一つにつながるのです。


だから、私達が記憶の中の自分がゆるせなかったことを手放すということは、
すべての幸せをお手伝いすることにもなるのです。

私達が手放せずにいたことを手放すことは、
自分を救うことだけでなく、すべてを救うことにもなるのです。

私達が、人の幸せを祈ることは、その人を救うだけでなく、
自分自身をも救うことにもなるのです。


大いなる源と魂と心と「ワタシ」という存在の関係を知って、今すぐにもできること、
それは、自分が自分の内側の小さな子、本来の自己と愛で深くつながることです。

見るものすべて、聞くことすべて、感じることすべてに、愛を送り出すことです。

そのために、記憶の中の「ワタシ」に、苦しい思いのままにしていたことを謝り、
ゆるしを請い、いつも見捨てず一緒にいてくれていたことを感謝し、愛を伝えることです。


互いに救いあえるように、多くの魂と私達はこの世界で再会しています。

自分が自分自身をゆるすことで、すべての関係性は本来の愛でつながる関係性に戻ります。


私達が何かを許せないのは、
本来の自分自身、「真の自己」との関係性を修復できていない一面が映されているのを
見ているということ
なのです。

喜怒哀楽、快・不快というセンサーが反応したなら、
即座に真の自己との関係性を修復しましょう。

「四つの祈り」も、「感情解放の基本手順」も、それを行うことができるアプローチの一つです。



⇒関連記事 [愛の波動を仕事の基調とする]
⇒関連記事 [真の自己と一つになり自分の目的を明確にしよう]
⇒関連記事 [愛の法則が自分の価値観の核となる仕事]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。