未来のワークスタイル 手放された期待
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手放された期待
願望や期待を発することそのものには、実に強く現実に影響を与える力があります。

ただし、望むことを発信する場合も、不安や恐れを発信する場合も、
どちらも一種の「期待」として宇宙に届き
ます。

どちらも「願い」のエネルギーを放つことになるのですが、
最悪を恐れるよりも、最善・最高・最美を期待する方がずっと楽しいはずです。

それに、最高を願う方が「願い」にかかるエネルギーも、明るく発展的なものになるので、
開いていく感覚を味わって、希望につながっていきます。


ただ、そんな明るく発展的な願いであっても、
その期待した着地に固執し、そればかりを考えていますと、
その思いが重々しくなり、いつのまにか最悪を考える波動にとって変わられ、
当初の喜びの波動ではなくなってしまうのです。


ですから、思いを望ましい方向に向けて運び、現実に結実させるには、
一切の「ねばならない」、すなわち固定された思い込みを手放す必要があります。

それをここでは、「手放された期待」と呼んでいます。

「願いを発する」と同時に「期待を手放す」ようにするのです。

そして、次の願いにシフトしていきます。

いつも「手放している」波動で「願いを発し」ていくのです。


「願い」や「思考」や「ひらめき」などそれ自体は、エネルギーです。

そのエネルギーを、人々のためにも自分のためにも使うことができます。


愛と感謝の波動で理想的な結果を頭に思い描き、その波動を宇宙に放ち、場を創ってから
仕事現場に臨むようにしましょう。

もちろん、「手放す」ことを忘れず同時に行います。


私達は、何か事に臨む時に、まず「思い」をそこへ送り、
その場所のエネルギーフィールドに影響を与えて、その後そこに臨場しています。

「思い」が先なのです。

ですから、「発願→確信→受取」を実行している私達は、
毎朝まず最初に自分の「思い」を愛と感謝の波動に合わせることから始めます。

そのベースで一日を始め、仕事の実行動に当たっては、
更にそのエネルギー場を拡大して、それを現場に送ってから入ります。


皆さん、ぜひとも、これを徹底して下さい。

今では、思いが水に及ぼす影響の実験をはじめ、
「思い」というエネルギーの科学的検証は完了しているのです。

それをどうこう言う時代ではなく、実際に現実に生かしていくかどうかの時代です。



⇒関連記事 [愛の波動を送り出して仕事する方法]
⇒関連記事 [愛の波動を仕事の基調とする]
⇒関連記事 [直感になじんで、愛の波動を送り出してする仕事を覚える]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。