未来のワークスタイル ヤル気
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤル気
達成したいという気持ちを失った時、目標を実現できなくなってしまいます。

目標に対して創造的に考えられなくなって、目標がどうでも良くなってしまったり、
その目標を持つ前の自分に戻りたくなってしまいます。


その目標を達成する動機づけが、自分の外側からの刺激に依存されていると、
自分の目標を達成するかどうかの主導権は、自分以外の誰か(何か)に握られたままです。

セミナーを受けて、やる気を取り戻せたけれども、家に帰ればエネルギーは徐々に落ちていき、
まもなくまた元通りの活気のない日々に戻ってしまったりするのです。


やる気のきっかけを外に求める傾向が強い人は、どうしてもモチベーションにムラが出ます。

そうならないように、自分の内側に、
たとえエネルギー値が落ちても創造的なエネルギーを生み出す回路を定着
させましょう。


誰かに励まされていないと、どうしてもモチベーションが下がる傾向にある人は、
自分からは誰かを励ますことがない人が多いのです。

皆さんが、もしヤル気が落ちてきたと感じとり、達成する気持ちが失せているように感じる時は、
そう言えば最近誰も励ましていなかったということが多いはずです。

誰かの力になろうとしなくなったり、義務ではなく無心に心を込めて尽力しなくなったり、
見返りなど関係なく奉仕しなくなったりしてくると、自分のモチベーションも下がります。



いつも申し上げていますように、出したものが返ってきます

出さずに受け取ろうとしても、エネルギーは無駄に浪費されていくだけです。

機会は流れの中でやってきますので、
自分が何かを差し出して流れを起こしているから、機会にも恵まれます。


自分から行動しているから、自分を励ますことができる流れが起こります。

見返りがあるとかないとか、義務だとかそうでないとか関係なく、
自分から動いてこそ、プラスに流れていくエネルギーは集まってきます


目標から目をそらさずに、尽力し続けていても、中々目標を達成できずにいるとしたら、
最も陥りがちな落とし穴は、
気づかぬうちに、受け取ってから出そうとしているようになってしまっていることです。

奉仕すること、すなわち、自らが起点となって差し出すこと、
自分のことを大切にしながらも、
何かのお役に立てている喜びを忘れている状態に陥っていることが多いのです。


あと一歩ですべてが調うのに、その直前で達成する気持ちを失い、あきらめて、そこを去り、
次に現れた方が、ほとんど調っていたところで出会いを生かし、
あと一歩を進めて完成させることがよくあります。

動機づけが、自分の外側に置かれたままだと、こうなってしまうことがよく起こります。


成功していくプロセスとは、「どんなことも創造的に考えている」という状態です。

人はいつでも、あれこれ思考することを止められません。

ならば、創造的な思考を選択しましょう。

起こってくる事象を創造的に考えるようにましょう。

自分自身が、自分のモチベーターになって下さい。


奉仕することが、自分の当たり前になっていると、創造的な思考を失うことはありません。

奉仕の心が力強くエネルギーを発している時は、
決めたことをやり抜くエネルギーがいつも自分のところへやってきます。

自分がそういうエネルギーを出すようになっているので、
宇宙のエネルギーが全面的に自分の目標達成を後押ししてくれる状態になっているのです。


どんな人の心の中にも、誰かの役に立ちたいという根本的な奉仕の欲求があります。

でもそれが、見返りと強く結びつけられ過ぎている時、別のエネルギーの質に変貌するのです。

意識は、「ない」ことばかりを探すようになってしまうのです。


モチベーションがトーンダウンしてきた時、自分のことはとりあえず置いておき、
誰かの役に立てることに集中
してみましょう。

そうしながら、今自分に「ある」ことに意識を向けなおして、
今自分の目標達成のために「できる」ことに集中しましょう。

ヤル気があふれている時の流れが、よみがえってきます。



⇒関連記事 [高い目的を持って仕事する]
⇒関連記事 [自分の本当の望みから目をそむけない]
⇒関連記事 [ヤル気を与えるリーダーになるために]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。