未来のワークスタイル 人に学ぶ
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人に学ぶ
いろんな分野において成功している人達の日々の実践事項には、共通点があります。

主だったものを挙げるなら、

①断言する。
②達成期日を決める。
③毎日行動する。
④休みもとる。
⑤ゆるす心を持つ。


といった特徴が代表的です。


断言して行動しますが、無茶をするわけではありません。

期日を決めているのは、計画あってのことですので、
思いつきや気まぐれ、或いは感情的になって決めているわけではありません。

行動は、「ねばならない」感覚でするのではなく、こうすれば楽しいという創意工夫でなされます。

休みは、エネルギー充実に当てていますので、その場しのぎの気晴らしとは違います。

そして「ゆるす」第一の人物は、自分自身です。

自分が成功するという事実を、自分にゆるしています。


このような特徴的な行動傾向で、目標達成していくわけですが、
要は、当たり前のことを当たり前に継続している、ただそれだけのことだと言えます。


なかなか結果が出ない人全員が、仕事を手抜きしているわけではありません。

むしろ、仕事に熱心で、頑張っているのだけれども、結果に残せない人の方が多いでしょう。


結果に差が出るのは、どうしてでしょう?

才能という一言で片付けてしまうには、惜しいケースが多々あります。

ただ、満足な結果を出す人は言い訳をしません

逆に、結果を出せない人は、うまく行かない理由を探すのに一生懸命です。


結果を出す人は、うまく行くように改善するのに一生懸命なので、
うまくいかなかったとしても、他の方法はないか、心構えにブレはないかが関心事なのです。

だから、当然、人のせいにするなんてことは、ありません。


無意識的な思考回路が、影響していると思われます。

結果を出す人は、いつもポジティブに、自分にも人にも語りかけます。

人間は弱いものだと受け入れて、無理やり弱い面を押し込めようとせず、
その代わりにいつも自分を励ましています。

圧倒的なポジティブ・ワードを、自分に対して提供しているのです。


皆さんの周りに、こういった特徴をお持ちの方はおられるでしょうか?

もしおられるなら、その方をよく観察して、ミラーニューロンをフル活用させましょう。

できればそういう人々と交流をして、彼らの特徴を自分のものにしていきましょう。

子供の頃からそんな風に影響を受けているといいのですが、
すべての人がそうはいかないでしょうから、ここから彼らに積極的に学んでいきましょう。



⇒関連記事 [脳の働きと宇宙の働きを調和させる仕事方法]
⇒関連記事 [ロールモデルを得て仕事する]
⇒関連記事 [いい仕事を習得するには、いいものを見聞し、関心を寄せる]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。