未来のワークスタイル 継続する
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
継続する
皆さんは、素晴らしい実績を上げている方を見て、「自分にもできる」と思うでしょうか?

それとも、「あの人だからできた。自分には無理。」と思うでしょうか?

皆さんには、ぜひ「自分にもできる」と思う側になって頂きたいと思います。


そう思って頂けるように、仕事がうまくいく可能性が高いケースをいくつか挙げてみましょう。

「仕事がうまくいく」とは、仕事だけでなく自分の生活も向上できるということを言います。

そうなれる可能性が高いケースとしては、次のような選択で仕事していることが多いのです。



好きな仕事をしている。

肌の合う仕事をしている。

才能を伸ばせる仕事をしている。

その土地に合った仕事をしている。

ある程度、資金に余裕があって仕事をしている。




どうして、これらが仕事がうまくいく可能性が高い要因になるのでしょうか?

それは、継続して「仕事がうまくいく確実な方法」を実践しやすくなるためです。


もちろんこれらに当てはまらないと、可能性がゼロというわけではありません。

意志と確信の力をもって「確実な方法」を継続すれば、やがて調ってきます。


五番目に資金に余裕があれば比較的仕事がうまくいきやすいことを挙げましたが、
余裕がなかったとしても、「確実な方法」の実践の過程で、資金の余裕も得られます。


では、「確実な方法」とは、いったいどういう方法でしょう?

いろんなノウハウが世の中に紹介されています。

「確実な方法」は、皆さんお一人お一人が絶対的な確信を持てる方法を指します。

ここではその方法の一つとして、宇宙の原理を生かして仕事を進めていく
「発願⇒確信⇒受取」という方法のお話をしています。

ここは、この確実な方法をいかに上手に実行するかを手助けしている
メッセージ集のようなものです。


時には、量子物理学や脳科学や深層心理学などの難しい話も出てきますが、
要は、「発願⇒確信⇒受取」という確実な方法の疑問を取り去り、
迷いを晴らして頂くためのものです。

その中でお話している感情を手放す方法や記憶を手放す方法などは、
それ一つを継続するだけでも、仕事の流れはまるで違ってきます。

迷いの雲を晴らして、スッキリと発願し、受け取ることを楽しんで頂きたいと思います。


「全く同じ条件で同じことをやれば、同じ結果が出る」

これが自然界の摂理です。

でも実際には、全く同じ条件の環境はありません。

宇宙の真実は、「変化」です。

一つとして、ずっと変わらず同じであることはありません。

だから、変化に対応する仕事のやり方を、皆さんには見つけて頂きたいと思います。


意識していようが、していまいが、私達は、「発願⇒確信⇒受取」を日常繰り返しています。

それをどのように意識レベルでも理解して、定めた目的のために使いこなしていくかを、
皆さんには会得して頂きたいと思います。


どのような環境下でも、どのような境遇でも、どのような才能でも、
確実に成果を出す方法を身につけて下さい。

すべての人が、原理を知らなくてもすでに使っているのですから、
「発願→確信→受取」は誰でもできる確実な方法です。


ぜひ、「発願⇒確信⇒受取」を楽しんで仕事をして頂きたいと思います。



⇒関連記事 [豊さを実感できる感性で流れを起こそう]
⇒関連記事 [「思い」と「現実」の関係を深く理解して仕事する]
⇒関連記事 [自信を持って仕事できるようになる方法]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。