未来のワークスタイル エネルギーに関する基本的なこと
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エネルギーに関する基本的なこと
「発願→確信→受取」を実践していくには、エネルギーに関する基本的な知識がある方が、
より実感かつ納得して進めていくことができます。

ここで改めてポイントをお話しますので、
最近ココに来て頂くようになった方は、よくご理解下さい。

以前からずっと来て頂いている方には、復習だと思って読んで頂ければと思います。



万物がつながっているエネルギーフィールドがあります。

私達個人個人のエネルギーも、そのフィールドと常にコミュニケーションをしており、
共鳴しています。

人が創るエネルギーフィールドは、感情や思いのエネルギー、
とりわけ信念によって築かれます。

そして、これらのエネルギーは、心臓、DNA、そして思いや思考、感情などの精神的な力によって、
外に向けて発信されています。


エネルギーフィールドには、距離、時間などは重要ではなく、
共鳴の法則(エネルギーはエネルギーと出会い共振し、同じ波動のものは共鳴して引き寄せ合う)
によって、私達はすべての人や物事とつながっているのです。

ですから、私達と共鳴している人や物事は、私達のエネルギーに反応せざるを得ません。


私達と共鳴するものはすべて、必然的に私達が人生を進めていく上で
遭遇していくということです。

逆に、私達自身も必然的に、自分のエネルギーと同じ波動を持つ他のエネルギーに
引きつけられます。

考えていること、感じていること、信じていることはすべて、人生で体験していくということです。


しかしながら、自分の内側のどの波動を活発にするかは、自分で決めることができます。

ある思いが優勢で強くなれば、そのエネルギーの特性は、自分の「人となり」となり、
人生の傾向となります。

足りないことに関心を高めていると、
「足りないこと」に共鳴するエネルギーフィールドを創り上げます。

豊かさに関心を寄せていると、
「満ち足りていること」に共鳴するエネルギーフィールドを築きます。


ですから、発願してこれから受け取っていくようにするには、
「満ち足りている」エネルギーフィールドにあることが重要です。

「ない」ことではなく、「ある」ことに注目していくようにするのです。

これをいつでも取り戻すには、感謝することで可能となります。

感謝するには、「ある」ことに意識を向けざるを得ないからです。


エネルギーには、このような法則性があるので、
まったくの想像であっても、その思いのエネルギーは共鳴する人や物を結びつけていき、
それはやがて現実の経験になるのです。

従って、自分に対して敬意を表さないなら、誰からも尊敬されませんし、
自分で自分を高めるようにしていなければ、自分を引き立てて下さる人も現れません。

自分から出された波動に共鳴して、自分のところに返ってくるのです。

これを総称して、ここでは「出したものが返ってくる法則」と呼んでいます。


もし、自分にマイナス面があるとしたら、
自分が与えることができていない性質のエネルギーで成り立っているのです。

あれがほしい、これが足りないと嘆く前に、
それを自分がこれまでに差し出していなかったということなのですから、
まず与えることから始めます。


誰かのことをポジティブに考えると、その人を力づけることができます。

自分から流れるポジティブなエネルギーが、その人のエネルギーと共振し、
ポジティブな共鳴を始めるのです。

逆に誰かのことをネガティブに考えると、その人の力を弱めます。

与えれば与えるほど、出せば出すほどたくさん受け取ることになるのが、
共鳴の法則が教えてくれるところです。


過去を観察し、そのエネルギーを手放せば、共鳴するエネルギーも変わるので、
当然、未来も違った方向性を示すようになります。

そこで「発願→確信→受取」では、「手放す」ことがとても重要になってきます。


潜在的な記憶が意識を過去に向けさせますので、
私達は、記憶をエネルギーのゼロフィールドに戻すことをいつも行います。

基本的には、「四つの祈り」「感情解放の基本手順」によって、私達はこれを行っています。


以上のことが理解され、古い思い込みが創ってきたエネルギーをゼロフィールドに戻して、
自分が願うことに共鳴するエネルギーフィールドにつながることで、
たとえ今どのような状況に置かれていても、これまでとは違う環境で生きることができます。

今、何を思い、何を感じ、何を信じているか、
それを記憶の再現や外部からの情報に好き勝手にさせたままにしないで、
最初は意志の力も存分に使って、「手放した期待」で発願したことを受け取って
いきましょう。

今、何を選択し、何を行うか、
それがこの瞬間から皆さんが何を受け取っていくかになっていくのです。



⇒関連記事 [「発願→確信→受取」でする仕事に相応しい行動]
⇒関連記事 [ワクワクする目標で仕事できているか]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」仕事術上級段階:直感を正しく受け取る]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。