未来のワークスタイル 良好な人間関係
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良好な人間関係
幸せで満たされた人間関係を築きたいという願いは、私達の心に強くある願いです。

良好なパートナー関係がある時、そこには共鳴の法則が働いています。

この法則に、「距離」は関係ありません。

文化や階級など様々な違いがある出会いだとしても、それが決定的な要因ではありません。

共鳴しあい、純粋な親しさを感じる時には、言葉を必要としない時もあります。


共鳴して、純粋な親しさを感じる出会いで、私達は自分の本質に触れます。

相手に親しさを感じていると頭はとらえていますが、実は自分のことを強く感じています。

相手に自分の内側が反映されていて、それを感じているのです。


表現を変えますと、その出会いが自分への愛を認識する機会となり、自分と相手が一致することを感じとっているのです。


私達は、無意識に、いつも相手に自分の素の姿を探します。

心が通い合う感覚を得る出会いでは、出会いの当初からお互いに、共通点を探し合っています。

こうして、深い関係が築かれていきます。


「困難にぶつかる」ということの一つの意味に、
「自分に足りないところを認識できる機会」ということがあります。

それまで注力を傾けていなかったところを補強し、精神力を高めるという意味があります。


困難にぶつかった時に見る自分の内側の一面は、
まだ育てていなかった自分の本質の幼い部分であり、
困難に遭遇したということは、それを育てるタイミングが来たということでもあるのです。


ですから出会いには、通じ合える人との出会いもあれば、
通じ合うのに努力を必要とされるものもあります。

困難を越えていくところに、人としての成長があるからです。


理想の人が描けているとして、すぐにそのような人と巡り逢えないこともあります。

そのような時に考えられるのは、受け取る準備ができていないということです。


仮に最高のパートナーと出会ったとしても、その相手と長く一緒にいれば、
一緒に立ち向かわなければならない困難な場面が必ず出てきます。

互いが強く共鳴している両者なら、
どんな試練も試練とならず、乗り越えていける素晴らしい成長の機会となるでしょう。

ですが、完全に共鳴していない関係性、すなわち固い絆がまだできていない関係性なら、
「(相手の)愛が足りない」とか、「自分のことを考えてくれていない」といった理由を持ってきて、
せっかくの機会を放棄してしまいます。


どんな人の潜在意識にも、こういう記憶や思考の道筋があります。

その記憶ゆえに、自分にとっての最高の結婚相手や就職先、仕事の場と出会えても、
無意識に挫折や不安を感じることもあります。

幸福を受け取る準備ができていないのです。


どんなことでも、それが愛ならば大きな愛に成長させることができるということを、
相手との関係から学んで下さい。

親しい人に気がねすることの中にも、魂の成長の種はあるのです。

愛を広げていくために蒔く種です。


人との関係性を育てていくのにも、
「ない」ことを見つけようとせずに、「ある」ことを見て広げていく
ことが大切です。

いつもそうするには、いつも感謝することです。


感謝する時、私達は「ない」ことではなく、「ある」ことを見つけようとします。

「不足」ではなく、「充足」のエネルギーで満たされます。

「充足」のエネルギー場にある時、相手と通ずることが見つかります。


これができていないと、理想はあっても、なかなか望む関係性を育てることができないのです。

すなわち、受け取る準備が不十分なのです。


「ある」ことを広げていこうとする関係性だから、
良好な関係が構築されていく
のだということを十分に理解しましょう。

良好な人間関係を育てるための基本です。



⇒関連記事 [コミュニケーションを上手にして仕事する]
⇒関連記事 [理想の人間関係をイメージして仕事する]
⇒関連記事 [「受け取る準備」をして、日々の仕事をしているか]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。