未来のワークスタイル 効率のいい仕事
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
効率のいい仕事
「仕事ができる」と認め合られるための一番の基本は、
その日にできることは、全てその日に済ませているということです。

それは、過剰に働くことを言うのでもありませんし、
短時間にできるだけ多くの仕事をしようと、焦るということでもありません。

いかに多くの仕事をしているかが、「仕事ができる」ことと考えていると
そんな風に思いがちですが、そうではなく、
優先順位の決め方が正しくでき、効率的な活動をしているから、それも可能になるわけです。


仕事には結果がついてきます。

もし、あまりよろしくない結果ばかりが続いているとしたら、
「優先順位」と「効率」を確認する方がよろしいでしょう。

効率が悪い活動をいくら増やしても、結果は改善されません。


「効率がいい」仕事というのは、一つ一つの行動がそれ自体成功しているということです。

それ自体が成功する活動となっているかどうかは、
その活動にふさわしい十分なエネルギーがあるかどうか、すなわち「活力」です。

活力に満ちた行動の流れがある時、宇宙の原理の潤滑な後押しがあり、
精度を高めつつ活動できています。


エネルギーに満ちた活動をキープするのに求められるのは、
仕事の流れがあるイメージができていること、優先順位を迷わない決意ができていること、
そして成功する確信です。

これらがある流れが目標達成習慣です。


すなわち、「自分が何を望んでいるのか知って、すでに達成したかのように感じ、振る舞い、
達成のタイミングがくる時には、既に次の目標に取りかかっている。」

という流れがある活動サイクルです。

「思い」と行動が連動して、エネルギーの流れを起こしている状態、
すなわち、「動のエネルギー」が流れている状態です。


その逆が、思考と行動が別物になっている状態です。

「思い」が真に望むことではないことに重点的に注がれていると、行動が伴いません。

行動そのものがうまくいかないのですから、望まれる結果も得られません。


「一つ一つの活動が活力に満ちていて、大いなる力の協力がいつも得られている状態」

この感覚を「発願→確信→受取」で身につけていくのです。

こういう流れのある仕事の活動がなされているなら、
発願がよい結果を生むことも約束されているのです。

これが、皆さんが実感していく「効率のよい仕事」をしている姿です。



⇒関連記事 [仕事の成果を受け取る準備は十分に]
⇒関連記事 [呼吸するくらい自然に手放して仕事する]
⇒関連記事 [「発願⇒確信⇒受取」で仕事を進めるコツ]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。