未来のワークスタイル 願いの具現化
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
願いの具現化
この世紀は、調和、バランス、共生、変化などが特徴となる時代です。

だから、今日も仕事が楽しみで、喜び、情熱、満足を感じることができるかどうかは、
この時代の仕事にやりがいを感じる大切な要素となります。

喜びや幸せ、満足を後押ししてくれるエネルギーが、この時代のエネルギーの特徴だからです。


そういう仕事をする喜びを望むなら、自分から、
「私は、喜びと満足にあふれる仕事をする準備が出来ている。」
と宣言し、受け取る準備を完璧に調えておきましょう。


具体的な仕事内容を特定して、制限し、それだけをイメージするのは、
自分から放つエネルギーを束ねて集中させ、その対象を具現化していく一つのコツなのですが、
受け取る準備としては、あらゆる可能性にオープンにしておくのが重要です。

これを、ここでは「手放された期待」と呼んでいます。


具体的なことを強く願って発信しますが、発信したならあとはゆだねて、
あらゆるプレゼントを喜んで受け取る準備をしておくのです。

人のエネルギーよりはるかに無限大に広げる宇宙がもたらす奇跡に共振するように、
出したものが返ってきて受け取ることにオープンな状態にしておくのです。

この流れを潤滑に進めていくのに大切なことが二つ、
一つ目は自分のエネルギーの状態を愛と感謝に共鳴する波動にしておくこと、
もう一つが、機会は流れの中で現れるので、行動を続けることです。


発信され続ける願いのエネルギーは、宇宙にあまねく伝えられ、
共振する事象のエネルギーと合流して拡大していき、やがて現実化されて戻ってきます。

すなわち、「発願→確信→受取」という流れで私達は人生経験を創生していくのですが、
今回のお話は、より望み通りかそれ以上の結果として受け取るのに
基本的に知っておいて頂きたいことです。


集中された思いのエネルギーと、かたくなに固執する思いのエネルギーの波動は違います。

前者は、結果に対してはオープンですが、
後者は、ごくごく限定されたことしか見えなくさせますので、
結果が返ってきていても気づけないことが多々あります。

もし、受け取ったことと希望通りの結果を望むなら、
自分が放つ波動を変容させてさらに「発願→確信→受取」を進めていくようにするのですが、
限定されたことしか見えないと、
すでに返ってきていることに気づけないので次への対応が遅れ、
なかなか願いが通らないと考えてしまうでしょう。


だから、強く願ったなら、
今「ある」ことを使って、今「できる」ことに没頭していく行動を楽しみ、
これから何を受け取っていくのかはゆだねて、
いつも楽しみでワクワクしている心の工夫をしましょう。

これをここでは、「つかまえ放すの法則」と呼んでいます。


皆さんも、何を受け取っていくのか決めることも、それを願うことも、
受け取るまでのプロセスも、受け取ったあとも、
明るく楽しみな仕事をして頂きたいと思います。



⇒関連記事 [「発願→確信→受取」という流れが意味すること]
⇒関連記事 [発願(設定目標の質)をレベルアップしていく]
⇒関連記事 [望む結果を得る仕事にする発願(目標設定で留意すべきこと)]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。