未来のワークスタイル 願いをカタチにしていく基本的な流れ
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
願いをカタチにしていく基本的な流れ
私達は、自分の内側の深いところで本当に決めたことは、すべてが実現させています。

本当に決心したこと、決意したことは、必ず実現させていくというメカニズムが、
私達の内側に備わっています。

その連続で、私達は今の自分を創造してきました。


本当に信じているなら、それがポジティブなことであろうと、ネガティブなことであろうと
実現させるというメカニズムです。

私達の日常生活は、信じていることを実現しているという連続です。


本当に実現したいことがあるなら、自分自身がすでに実現している状態のエネルギーに
共振する波動にある
ようにします。

本当に実現したいことのエネルギーに同調して、
宇宙に満遍なく広がる実現のための資源物質に伝えるのです。

そして、このメカニズムが、自分の真の幸福につなげていくように働いているかどうか
確認するために、その実現したいことを15分程集中してイメージし、
それは本当に自分の真の喜びであるかどうか、感情のバイブレーションを感じて、
それが身体に「快」の感覚として伝わってくるか、
それとも「不快」の感覚として伝わってくるか、確認
しておきましょう。


こうして、私達が意図することのエネルギーを私達内的メカニズムも動かして、
発信します。

これが、「発願→確信→受取」で意識レベルで行う「発願」で行うことです。


エネルギーを発したなら、受け取りたいことへの余計な執着を手放し、
どのようにエネルギーが結びついていって、
波動の周波数を落としカタチとなって返ってくるかは高次の意識にゆだねて、
意識は今「ある」ことに向けて、それを感謝し、
今「できる」ことに戻して、すべてやり尽くしてしまうほど集中します。

今「できる」ことに、できる限りの創意工夫を重ねていきます。

これが、「確信」のところでの実際行動です。

以前にお話した「つかまえ放すの法則」を実践するのです。


すると、高次の意識が、エネルギーが注がれた時に起きるべき過程を経て、
私達が放ったエネルギーをカタチにして具現化し、
エネルギーが放たれた元のところである私達の手元に戻してきます。


そして、私達は受け取る準備をしておいて、返ってくることを受け取るだけです。

「思い」を放った時点で想像していたのとは、違うカタチで返ってくることもあります。

「思い」のエネルギーの質に忠実に合わせて返ってきているので、
それを感謝し、喜んで受け取るか、
もしくは、よりイメージに合うエネルギーに自分の内側を調え直して、再発願
します。


以上が、「発願→確信→受取」で行う一連の流れです。


まず、意識が想像することをイメージとして使うのは、
実現したいことを裏付けるエネルギーをとなる情熱を生み出すためです。

情熱がパワー源です。

なので、それをイメージするだけでもワクワクして、
楽しみでしかたがないような発願にしましょう。


エネルギーを放ったあとは、受け取る準備をして、
今できることに集中していればいいのです。

細かなところは、大いなる御働きにゆだねて、手放しておけばいいのです。


高次の意識がそれを起こし、もたらすことを、自分にゆるしておきましょう。

これを受け入れておかないと、せっかく返ってきたのに、
受け取るタイミングを見送ってしまうことになりかねませんから。



⇒関連記事 [自分が選んだ会社で働いている]
⇒関連記事 [発願(設定目標の質)をレベルアップしていく]
⇒関連記事 [「発願→確信→受取」でする仕事に相応しい行動]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。