未来のワークスタイル やりがい
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やりがい
皆さんは、ご自分の仕事に「やりがい」を感じていらっしゃいますか?

「やりがい」を感じるといっても、いろんな理由があると思います。

主だったその理由は、「仕事の内容が楽しい」「仕事仲間が楽しい」
「評価を得られる」「社会的意義を感じる」「満足のいく収入が得られる」
「自分を高められる」などでしょう。


他にもいろいろあると思いますが、「やりがい」をはっきりと自覚しているなら、
ご自分としっかり向き合っておられることは間違いないでしょう。

でも、「思うようにいかなかったら、やめる」といった覚悟レベルで仕事しているようでは、
「やりがい」を感じることからは、程遠いでしょう。


「やりがい」を持てるようになるには、自分の得意なことは何か、
自覚していること
が求められます。

たとえば、仕事の採用面接や人事査定で、「何が得意ですか?」と尋ねられて、
即答で明確に応えられるでしょうか。


また、得意なこととは正反対に、技術、能力、知識、経験などで、
もっと高めていかなければならないことは何でしょうか。

それが「足りていない」で止めていてはダメです。

それでは「不足」のエネルギーにつなげたままなので、
それを高めてこんな風になるというイメージを描いておく必要があります。


得意なことをしている時は、基本的にやりがいを感じることができます。

また、自分を向上させていると感じることにも、やりがいを感じるのです。


「やりがい」を感じるかどうかは、
「時間」という大切な財産を、何に使っているかも影響します。

自分の大切な時間の使い方が、自分の大切なことに十分に使われているかどうかです。

そういう時間がないほどに、
やりたいこと以外の仕事に時間を拘束されていると思っている時には、
その仕事にやりがいを感じることは難しいのです。

自分がやりたいことをする時間が、もし足りないと感じているなら、
やりたいことのための時間を確保するために、
スケジュールや優先順位の確認
をしましょう。


ここまでは、ご自分個人のことでの「やりがい」です。

「やりがい」感じられるのは、個人のことだけにとどまりません。

誰かのために、或いは、何かのために貢献をしている時にも、
「やりがい」を感じられます。

自分の会社や組織への貢献、社会や人々への貢献です。


基本的には、個人のことだけの「やりがい」だけでは、
「やりがい」を感じ続けるのに限界がありますが、
自分のことを度外視した「やりがい」を持てていると、
「やりがい」を進化させていくことができ
ます。

個人の夢のための仕事が、大きく開いていく時に、必ず通過するのが、
自分以外の人の喜びがとても嬉しい感動です。

人を笑顔にすることができた時、
心からの喜びで笑うことができる自分に気づくでしょう。


どういう「やりがい」を感じているとしても、
「やりがい」を見つけている人は、他人の目ではなく、自分の目で見つけています。

人の意見ではなく、自分の心の声を聞いています。

大切な未来のための「今」を満喫し、感動しています。


皆さんもぜひ、ゆったりとした時間の中で、
或いは心落ち着く音の中や心やすらぐ香りの中で、自分と向き合う時間を持って下さい。

そして自分の内側の真の自己が大切にしていることを、抱きしめてあげて下さい。

そして、自分の「やりがい」を味わえる時間の使い方をして頂きたいと思います。



⇒関連記事 [「自分探し」に大切なこと]
⇒関連記事 [真の自己と一つになって仕事する]
⇒関連記事 [心からの願望を目標にして仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。