未来のワークスタイル 好機
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好機
私達の内側には、まだ発揮されていない才能や力が、たっぷり眠ったままです。

宇宙の「創造」という変化の流れは、私達の内側にもプログラミングされていて、
「創造」の潜在能力に焦点が合わさりエネルギーが加わると、
それは私達の意識的な知覚において、「願望」というエネルギーとして表出
します。

たとえば、楽器を演奏したいという願望が表れたとしたら、
それは、音を奏でる才能が外に出て活動したがっているということです。


もちろん、その能力が十分に発達している場合も、まだまだ未熟である場合もあります。

その能力はこれまでの魂の旅では初めてスポットライトが当たったもので、
自分としては、その才能があるとは思えないことも多々ありますが、
その能力が自分に内在してあることは間違いありません。

そこに「動」のエネルギーが働きかけられたので、
それを「したい」という願望が生まれたのです。


潜在的な能力が高いほど、それだけ強い願望となって表れます。

なので、仕事を選べるなら、
自分が「やりたい」と思える仕事を選択するのがベターでしょう。

でももし、これといってやりたいことが思い当たらないなら、
自分の得意分野の才能を生かせる仕事を選ぶといいでしょう。

でも、これまでに経験値がなくても、
とても興味があって、好奇心がかき立てられることがあるなら、
ぜひ見逃さず、そのエネルギーを生かして頂きたいと思います。

やりたい仕事なら、できるはずですから。


能力的には未熟でも、やっていて楽しい仕事を選ぶことは、自分の権利であり、特権です。

組織の一員として働いているなら、最初からその仕事する立場になれるとは限りませんが、
だからといって、何の努力もせずに、
やりたい仕事をすることを放棄するのは賢い選択とは言えません。

さしあたり好きではない仕事をすることになって文句を言ったり、
やる気が失せて手抜きの仕事をするのは、
本当にやりたい仕事がある人のすることではありません。


その仕事が、究極の目的につながる道の一段階だとしたら、
どんな仕事でも手を抜くことはないでしょう。

人は、その仕事の能力の高さを見るでしょうが、
それ以上に、その人の仕事への取り組む姿勢を見ています。

チャンスをつかむ人は、その人から「発展のエネルギー」が感じられる人です。

だから、手抜きの仕事をするのは、
「やりたいこと」を仕事にしたい皆さんには、そぐわないはずです。


かつての心得違い、選択違いから、今は望まない仕事をしていたり、
望まない環境に身を置くことになっている人もおられるかもしれません。

それなら、今の仕事や環境は、本当にやりたいことを可能にするためのステップだと思って、
今の仕事を楽しめるように創意工夫
しましょう。

その環境が、自分自身を成長させるのです。


嫌いな仕事だからと、性急に事を急いで、他の仕事に移るようなことは、
決して賢い選択だとは言えません。

「ない」ことばかりを見ている人に縁ができていくのは、
「ない」ところに根差したことばかりです。

それがまたとない機会なら、
恐れず、急激な大転換をはかる必要がある時も確かにありますが、
転機の時には、必ず、「ある」ところに根差すエネルギーの状態で決断しましょう。

それまで「ない」ところに根差すエネルギーにあったなら、
今「ある」ことを感謝してから、方向転換しましょう。


自信がない時の選択は、選択を誤る可能性が圧倒的に高くなるのは、
「ない」ことばかりを見ているからです。

まず、自分の内側に流れるエネルギーが、「ある」ところに根差すように調整して下さい。

今「ある」ことに感謝して、それを生かして、今「できる」ことを徹底的にやりましょう。

こうして「創造のエネルギー」にある仕事をしているから、「好機」に巡り合うのです。



⇒関連記事 [仕事のチャンスをつかむ人と逃す人]
⇒関連記事 [「機会」をとらえる感性]
⇒関連記事 [チャンスの順番を待っている人達へ]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。