未来のワークスタイル 自分を認める
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分を認める
20世紀まで、しばらく続いていた競争の文化という主流になっていた概念は、
今の社会でも根強く残っています。

なので、自分より成功した人、自分より評判がいい人、自分よりたくさん物を持っている人と、
無意識に比べている自分も、皆さんの中にまだいるでしょう。

人と比べて自分がダメな人間だと無意識に判断してしまって、
自分で自分の可能性を制限していることがたくさんあるはずです。


自分を自分の外側と比較する癖は、真の自己を見失わせ、
人の成功や、幸福、健康を目にして自信を失ったり、憤慨したり、不安になったり、
心配したり、絶望したり、悲しんだり焦ったりさせます。


今の時代を動かすエネルギーは、共生に共振するエネルギーです。

一般社会の物差しの多くは、競争原理が主流であった時代の価値観のままかもしれません。

ですが私達は、そういう思いが自分に出て、人と比べてしまったら、
その都度根気よく手放していきましょう。

「真の自己と共鳴し、豊かさとつながる」という新しい価値観で選択する
「発願→確信→受取」
を、地道に実践し続けて頂きたいと思います。


共生のエネルギーが動かす今は、
自分の個性を生かしてカタチにしていくことが認められやすくなっているのです。

学校時代に、自分の価値を人と比べて判断させられやすい環境にあった方が多いでしょうから、
「発願→確信→受取」をしている皆さんは、真の自己の望みに従い、
魂の喜びで選択をする新しい価値観
に慣れていきましょう。


これは決して一人でやっていくだけの、孤独な戦いではありません。

真の自分の幸福に向かう人生を生きることを決め、「発願⇒確信⇒受取」をやり続けていくなら、
そういう自分と同じ波動の人とのつながりも必ずできていきます。

一人一人が心から納得し、喜びを分かち合える仲間の輪が、必ず形成されていきます。


競争そのものが悪いのではありません。

互いを尊重しあい、愛と感謝の波動でつながりながら高めあっていく
新しい競争の在り方があるのです。


思い切って、自分の人生に起こることの責任を、自分自身が負う覚悟を決めてみて下さい。

その方が、自分自身の行動に自分自身で責任を持てて、
互いを尊重しあえる人との出会いは近づきます。


この道を歩み始めるのに、「親切」や「正義」が導きとなることもあるでしょう。

私達が社会生活をおくるには、たくさんの「~せねばならない」もあります。

それでも、「思いやり」という入口から入り、
「恐れ」ではなく「愛」からの選択で行動
していきましょう。

その一つ一つの選択行動が、尊重しあえる人との出会いを紡いでいきます。


自分の心は、何を訴えているでしょう。

自分は、何が正しいと考えているでしょう。

「思いやり」からの選択行動は、宇宙の大いなる意志と共鳴してなされるので、
力づくで自分のビジョンを持ち続けようとするより、ずっと夢の実現を近づけるでしょう。

そういう心での明確なビジョンは、
自分の内側にある目標達成自動制御機能のバックアップも得て、
更に宇宙の大いなる原理に共鳴もして、
確実に、自分が望むことのゴールに到達させていくでしょう。


感情がざわついたら、自己を制限する古い思い込みが出ているので、根こそぎ手放して下さい。

自分で自分を不幸にする誤った価値観は、私達には必要ありません。



⇒関連記事 [「自動方向修正機能」を高めて目標達成していく]
⇒関連記事 [自己信頼を高めて仕事して頂くために]
⇒関連記事 [目標に導かれていく直感を受け取りながら仕事する]


ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。