未来のワークスタイル モチベーションを保つ
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モチベーションを保つ
プロというのは、いつも一定レベル以上の仕事を完璧にこなさなければならないので、
「モチベーション」を保ち続けるということに関して、今回はお話しましょう。

それには、「心」と「時」の関係性について理解しておかなければなりません。


私達の身体は、「今」という「時」に生きていることは、納得いくでしょう。

タイムマシーンが実用化されたら、その限りではありませんが、
今日現在は、身体は「今」にだけ存在します。


ところが、脳では「想像」することができるので、
「心」は「未来」にも「過去」にも飛ばせます。

「あの時は○○だったなぁ」「来週△△さんに会ったら、□□しよう」といった感じで、
過去や未来の情景を思い描いて、そこでの気持ちを「今」という「時」に味わえます。


「場所」も同じです。

たとえば、今東京にいる人は、「私は今、東京にいます。」と、
「心」を東京に置いて言います。

その人に「今何してるの?」と尋ねると、その人は心も東京に置いて、
「◇◇しています」と、きっと答えるでしょう。

では、その人が先週ハワイに旅行に行ってたとして、「ハワイは楽しかった?」と尋ねると、
その人の身体は「今」東京にあっても、先週見たハワイの景色、ハワイで感じる五感、
ハワイで味わった気持ちを「今」感じながら、ハワイ旅行について話すでしょう。

身体は東京にあっても、その時の心は先週の自分、ハワイという場所につないで
話すでしょう。


身体は「今」を生きているわけですが、実は「心」も、「今」を生きています

「過去」や「未来」、あらゆる場所に自由に心をもっていくことができますが、
その心を再現して実際に味わっているのは、「今」です。


「発願」したものを「受け取る準備」というのは、
心を、願ったことを手にしている「未来」に飛ばし、
その実感を「今」味わう
ということです。

未来になってそこに身体も追いついて、
その時の「今」という「時」に心も身体もありながら願ったことを手にしていて、
身も心もそれを味わえている
なら、私達はそれを「達成感」として知覚します。


実は、モチベーションをずっと高く持ち続けるヒントは、ここにあります。

身体を未来に飛ばせないので、
心を動かして未来の喜びを今、味わう工夫をするのです。


たとえば毎月の売上に上がり下がりがあるのなら、
毎月第三週の終盤くらいに、翌月、三カ月後、半年後、一年後くらいのイメージを描いて
心を動かし、先にその時の成功感覚を味わっておきます。

そして、「今」という「時」につながり直して、
今「ある」ことを使って、今「できる」ことに集中的に取組むのです。


仕事の結果にムラがある人は、目標の期限を通過する時に、
どのような心の状態で通過するかに、工夫をするようにしましょう。

「ゴール」を通過するのに、「動のエネルギー」を保ったままにするのです。



⇒関連記事 [どういうモチベーションで目標設定し仕事していくか]
⇒関連記事 [満足したいだけでは仕事のモチベーションは保てない]
⇒関連記事 [モチベーションを高く維持して行動量が高い仕事するには]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。