未来のワークスタイル 思考の癖
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思考の癖
私達は、何も考えていないと思っていても、実際には、頭の中であれこれ考えています。

その考えていることの大部分は習慣なので、意識できずにいるわけです。

綿々と続いている思考の中から、自分の脳裏によぎる考えに気づいたとしたら、
「潜在的なことが変容できる」内側から伝えてきて
くれたのです。


それが、もし自分にとって好ましくないものなら、
意識的に新しく好ましい考えに切り替えましょう。

「そんなことできない」というような具体的な内側の声に気づいたなら、
「できないと思わせる記憶があるよ」という、真の自己からのお知らせです。

だから、真の自己に四つの言葉を伝えて、記憶から自由にしてあげましょう。


習慣となってしまった思考には、なかなか気づけないものです。

でもそれに気づける方法があります。

それは、自分の感情に着目するのです。

感情がざわついたら、無意識にしている習慣的な思考が動いています。

イライラしたり、怒りが出たり、攻撃的になったり、恨みやねたみなど、
波動が荒々しくなったり、重々しくなった時です。

感情に気づいたなら、「感情解放の基本手順」です。


習慣的な思考のすべてが悪いわけではありません。

でも、手放した方がいい思考もあります。

何を選択し、どういう思考をするかは一人一人の自由ですが、
もし幸福でありたいと願うなら、
荒々しく重々しい波動となる思考は、手放した方がよろしいでしょう。

荒々しく重々しい気持ちになる幸福は、まずありませんから。


その元となる「そんなことできない」と思わせるのが得意な記憶を
ゼロフィールドに戻してあげましょう。

根気よく、感情に気づいたら「この気持ちを手放せそうですか?」と
自分の内側の真の自己に尋ねていき、
加えて、愛と感謝の波動になる四つの言葉を伝えていけば、ある瞬間に、
ふと手放せそうだと思える時が
きます。

自分で自分をゆるせる瞬間です。


人を許せなかったのは、自分の内にある古い記憶の辛さ、悲しさが
深いところで残っていたままだったのです。

魂の旅路の中でのあまりにも古い記憶なので、
それがどんな記憶だったのか思い出せないことがほとんどですが、
自分をゆるして愛したいと思える瞬間がきます。

その時、ずっと耐えてきてくれてきた真の自己が愛おしくてたまらなくなり、
それにきづかせてくれた大いなるところ、
どんな時にもずっと見守り、力添えをしてくれていた大いなるところに気づき、
そのありがたさに、理屈抜きの感謝に涙するかもしれません。

際限のない愛で、守られていたのです。


無意識的な思考を手放すために遭遇する出来事は、
あまりにもつらい、或いはあまりにも理不尽なことかもしれません。

また、怒りの向けどころがないような、
或いは生きる気力を根こそぎ奪ってしまうような出来事かもしれません。

魂を救うためには、そのような経験をさせなければならなかった大いなるところからは、
そのつらさを越えられる深く圧倒的に大きな愛流も注がれています。


そして、その大きな愛の世界に戻ろうと決意した真の自己が、
いろんな糸口となるきっかけを見つけてきます。

それを見えなくさせる記憶、無意識的な思考を、解放してゼロフィールドに戻しましょう。

こんなにつらい状況の中でも、一生懸命な「ワタシ」の魂を愛しましょう。


Just Believe!



⇒関連記事 [真の自己とつながることを知って下さい]
⇒関連記事 [見る世界を変えて仕事する]
⇒関連記事 [トータルで勝ち越しているなら、仕事は十分順調]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。