未来のワークスタイル 願いがかなう時
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
願いがかなう時
「願い」を発して、それを発し続けて、
その願いを実現するために今「ある」ことを生かして、今「できる」ことをし続けて
いけば、
その願いは、現実になります。

ところが、いざ本当にそれが実現するという段になって、臆してしまうことがあるのです。


どんな願いであれ、それが発せられると、そのエネルギーは自分をモチベートします。

また自分だけでなく、周りの人達にも伝染していきます。

自分から流れ出すエネルギーは、波長が合うもの同士で結びついて大きくなろうとします。

そしてその後、発信されたもとのところへ返っていきます。


人との出会いや機会との遭遇には、このエネルギーの原理が働いています。

だから、願いのエネルギーを放てば、何らかのカタチで返ってくるのですが、
返ってきて受け取れる状態に自分がなければ、思わず受け取りを躊躇してしまいます。


もし、その願いを受け取る準備ができていなければ、
願いがかなって変化することに、恐怖感として反応してしまいます。

チャンスなのに、余計なお世話だと拒絶してしまったりもするのです。


願いを放つなら、それが現実になっている状態のエネルギーを味わって、
それを楽しみにしておきましょう。


願い実現を想像して、まずエネルギーを創造します。

できればそれを実体験する機会を持って実感を強め、その感覚を強めて楽しみにします。

その気持ちを保ちながら、今「ある」ことを生かして、今「できる」ことを実行します。


「こうしたい」「こうなりたい」と願いを持った時点では、まだその状況を未経験の段階です。

想像のイメージは、実際にカタチになって受け取るものと違っていることもよくあります。

実際に願いがかなう時には、いろんな姿カタチで現われますので、
自分の想像と見た目が違えば、受け入れるのが怖くなるのです。


これを上回るワクワク感があるようにしておくのです。

どんな風にカタチになって返ってくるか、想像して楽しんでおきましょう。


「発願→確信→受取」で、受け取る準備を十分にできるスキルも育てていきましょう。



⇒関連記事 [仕事の成果を受け取る準備は十分に]
⇒関連記事 [「執着心」の正体を知り、断ち切って仕事する]
⇒関連記事 [与えて受け取る仕事をしているか?]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。