未来のワークスタイル 「与える」ということ
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「与える」ということ
自分の内側に、調和していない波動があるなら、
それを調えることを何よりも優先
して頂きたいと思います。

たとえば、「私さえ~だったら」といった自己犠牲的な考え方になっている時もその一つです。

その考え方に向かわせる記憶が自分の内に潜んでいますので、十分に手放して頂きたいと思います。

でないと、物事が的確にわからなくなります。

本来の自分の波動と合うものは何か、その波動が自分の魂の波動よりも高いか低いか、
合うか合わないか、自分にとって役に立つか立たないかなどがわかるようになるのです。


出したものが返ってくる法則「発願→確信→受取」でいろいろ経験しているなら、
自分と同じような波動を持つ人々と、同じ情報を受け取っていることはとても自然なことだと、
十分に理解できるでしょう。

私達が経験していくすべての物事は、自分自身がそれに同調する波動を送り出したから、
言い方を変えれば、自分自身が許可を与えたから自分の人生に起こっています。

自分が興味を持つなり、関心を抱くなり、或いは恐れたりなどして波動を自分から出すことで、
「起こってもいいよ」と、その事柄にゆるしを与えているようなものなのです。


「発願⇒確信⇒受取」をたくさん実体験していくことで、優れた感性を育て、
良質な経験を増やしていきましょう。

いかに宇宙のすべてに、調和の法則が働いているか実感して頂きたいと思います。

調和の法則がわかってくるほどに、「奉仕」にも自然に喜びを感じることができるでしょう。


これを実践的に伝えたのが、
「自分がしてほしいことを人にもする」というゴールデン・ルールです。

記憶を手放しながら「発願⇒確信⇒受取」を行い続けることで、エゴも手放されていきます。

そうすると、世界がいかに愛のエネルギーに満ちているか感じることでしょう。


心から納得し、喜び、感動できることを発願することから始めましょう。

記憶を手放すことで、真に自分に大切なことが精査されていきます。

考え方は人それぞれ。

自分とは違う考えの人と交流する時には、
「他人の考えはそれはそれでいい。だけど自分にとって本当に大切なことはこれだ。」と
確信して選択を続ける仕事をしていきましょう。


「与える」ことは「失う」ということではありません。

それに気づき、ゴールデン・ルールを実践する仕事こそ皆さんらしい仕事の在り方です。

与えるから受け取れることをよく理解して下さい。

自分が楽しめているから、人にも楽しさが伝わります。

それを望むなら、まず自分から。

出したものが返ってくるのですから。



⇒関連記事 [ゴールデンルールで良い流れをつかむ仕事をするために]
⇒関連記事 [与えて受け取る仕事をしているか?]
⇒関連記事 [深刻な悩みにある人も宇宙は見捨てていない]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。