未来のワークスタイル 思いがカタチに
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思いがカタチに
それに注目し、関心を持つことが、その現実を変えていく第一歩です。

その現実がすでに「ある」ことに注目すると、それの持つエネルギーが拡大します。

エネルギーが拡大し、強くなるので、そこにある一つのアイデアに気づきやすくなります。


「気づき」というのは、無限のエネルギーの場から集約されたイメージとして登場します。

そのイメージに注目して、更にエネルギーを拡大していると、
「気づき」という繊細で速い波動が徐々に遅くなってきて、やがてカタチを形成し始めます。


アイデアがエネルギーの場から分かれて、物質の波調で振動しているエネルギーの場となり、
現実として現れてくるのです。

このような流れで、「思考」というカタチにまだなっていないエネルギーが現実化していきます。


アイデアが、高次の波動エネルギーの状態である「気づき」から始まり現実として具現化するまで、
そのアイデアに注目し、深く感じて一体化する
ことが、
思考が現実化するまでのプロセスでの鍵なのです。

従って、未来はこうなっていたいということがあれば、それに注目して
現実感がある気持ちやふるまいをしていくことが、目標をクリアーしていく上で有効です。

これを、「未来先取り法」と私達は呼んでいるのです。


目の前に現実として現れていることは、
全て自分がエネルギーを送り出して物質化してきた
のだと考えてみましょう。

もしそうなら(実際その通りなのですが)、自己犠牲ありきの考えで思いをカタチにしようとすれば、
自分の現実世界に犠牲者が現れたり、自分自身が裏切られたりなど、
不幸な体験をすることになります。

当然ながら、楽しさにあふれ、喜びに満ちて思考しているなら、
これから体験していくことは楽しいものになります。


犠牲というと大げさに聞こえますが、
「食べていくには必死で働かなければならない」といった考えも、その流れを生む一つです。

その考えが持つエネルギーは、低賃金の仕事と相性がいいですから、
豊かな生活ができる仕事には巡り会えずらくなります。

シンプルに、「自分は大切にされている」と思っている人は、幸福感を味わえ、
仕事に喜びを感じやすい環境を呼び込めるでしょう。


自分がいつも何を思い、何を考え、どんな質のエネルギーを呼び寄せているかは、
本当に重要なのです。

自分が放っているエネルギーの質は、身体反応に現れて教えてくれます。


たとえば、胸に疾患を抱えている人は、悲しみのエネルギー、
首に痛みや問題を抱えている人は、頑固で柔軟さに欠けていたところがあったり、
信頼の欠如が関係していたりします。

自分の不健全な思い癖が、身体の状態となって出てくるのです。

身体に不健康な状態が現れている時は、その病気や痛みを治すことが大切であると共に、
その症状の元になる自分の内側の思い込みを手放すことも大切なのです。


心身で、それが現実のものとして認識できて味わえていることは、ほぼ具現化されます。

達成して、すでに存在していると疑いなく信じられている新しい世界は、五感を活性し、
現実化される前でも、そこでの状況や体験が当たり前のものとして感じられます。

だから、これから体験するそのことに何の違和感もないので、
事実、その通りの現実を体験する時がきます。


日常のちょっとしたこと、たとえば今日のお昼は何を食べるかとか、
終業後に彼(彼女)とデートするとかいった予定は、
その通りに実行することに、通常はためらいがありませんので、予定通りの現実を迎えます。

ところが、仕事目標達成などのもっと大きなエネルギーを要することを具現化するには、
エネルギーを現実化させていくプロセスに、自分一人のパワーだけでは十分ではありません。

もし自分一人だけの力だと誤解したら、瞬く間に築き上げた現実は崩壊していくでしょう。


「思い」を「願い」にして、エネルギーの放出をするというのは、
自分が注目して、宇宙に満遍なく行き渡る資源物質が集まってくる方向性を示すということです。

そこから始まる創造のプロセスは、
元々宇宙に満遍なく行き渡る神聖なる働きとの共同でなされます。

神聖なる働きは、現実的には「協力してくれる人々」となって登場してくるかもわかりません。

或いは、「新発見」「新発明」として受け取るアイデアかもしれません。


いずれにしても、大きな仕組みが働いて、そういった新しいエネルギーを得ます。

そのエネルギーは、「愛と感謝」の波動に同調するエネルギーです。

だから、すべてへ感謝のエネルギーが流れていく状態に、
自分の内側を調える
ことが大切なのです。


そうでなければ、大いなる御計らいとして登場してくる様々の協力が、
一旦は自分に近しくなっても、やがて離れていってしまいます。

彼らは、愛や喜びを分かち合おうとして登場するのであって、
悲しみや恐れを共有しようとするものではないからです。

宇宙の御働きに同調する「喜び」に共鳴して引き合い、自分の目の前に登場してきたということを
忘れてはなりません。


なので、傲慢や怠惰といったエネルギーに自分の内側が共鳴する状態になっていたら、
一旦は互いに協力しあおうとした集った仲間も、
そのうちに、奪い合ったり、せめぎあったりする関係性に変わってしまいます。

素敵な人達と入れ代わって、周りには「奪い合い」をする人達があふれることになります。


思考を現実化していくプロセスでは、自分の内側を「愛と感謝」のエネルギーに調えることが、
ことのほか重要であることを忘れないで下さい。

いつも自分が何に注目してるか認識することに、慣れて下さい。

「発願⇒確信⇒受取」を実行していきながら、様々な状況変化において
自分を「愛と感謝」のエネルギーに調える感性を育てていって頂きたいと思います。



⇒関連記事 [「充足」のエネルギーで「発願→確信→受取」を進める]
⇒関連記事 [心のエネルギーが奪われる状況において]
⇒関連記事 [達成できるエネルギーを出すことを会得していこう]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。