未来のワークスタイル 自分の価値観と自分の現実
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の価値観と自分の現実
一般的な社会生活を営む私達は、外から入る情報を遮断することは、まず不可能でしょう。

ですから少なからず私達の心構えには、外的なエネルギーの影響があります。


その一つには、どのような家庭でどのように愛情を注がれてきたかということもあります。

或いはメディアから流れてきた数々の情報に影響されることもあります。

それらの中には、自分の意図とは反発するような波動のエネルギーもあるでしょう。


今では、自分から情報を探しにいって、ネット上の情報に影響されることも少なくありません。

現に、こうして皆さんとネット上でつながるご縁を、今、頂いています。


「信念」は、「人の言が今の心にある」と書きますが、私達は正に、
自分を含む人の言葉を頭の中で組み合わせていき、今の自分が信じる価値を形成していきます。

毎日頭に入れていく身近に暮らす人の言動は、特に大きく信念に影響します。


また、自分が人に受け入れられることへの強い関心が育つ時期でもある学生の時期には、
それまでの価値観を180度変えることがあるほど強い影響を受けることもよくあります。

この時期の良い友人関係は良い人格を育みますが、その逆もまた真なので、
この時期の人との関わりによる影響は、その人の深いところまで波及し、
その後の根本的な価値観を創る大きな要因になり得ます。


少年少女期の価値観形成の重要性として、
人は8才の頃までに最初の基本的な価値観を持つようになり、
10代に様々な影響を受けながら価値観を変化させていき、
20才を過ぎる頃には、ほぼ基本的な価値観がまとまって、それから変化することは
ほとんどないと言われることがあります。

もし多感な時期に、しかも自分の将来に不安を持っている状態でこの言葉を聞いていたとしたら、
成人している自分は価値観を変えることはできないと思い込んでしまうかもしれません。

若い時期に固定した価値観はなかなか変え難いというのはその通りなのですが、
成人したあと全く価値観が変わらないなんてことはあり得ません。


人は生涯、 学びます。

人生の様々な経験を通して、
現実的な価値観と「こうありたい」と願う価値観の間にギャップを感じながら、
成長していきます。

人はそのギャップを埋めようとしているから、いくつになっても悩んだり苦しんだりもするのです。


10代までは、多感で悩みが多い分、
自分の内側で価値観を調整することに無意識にものすごく集中します。

ですが、価値観の根本がある程度固まってから以後は、
自分が意図してギャップを埋めようとしなければ、不共鳴を起こした価値観は、
それに触れないようにしたり、それから遠ざかろうとしたり、
それを封じ込めるために他人に対して攻撃的になったり、抑圧的になったりします。

なので、自分の意志で、自分の内側の真の自己と素直にまっすぐ向き合って
内的対話をすることは、とても大切です。


悩みが出てきたら、本を読んだり、尊敬できる人に相談したり、セミナーに出たり、
ある信仰で統合的に整理しようとしたりするかもしれません。

最近では、占いにそれを求める人もたくさんおられます。


中には、ギャップを埋める解決策を見つけられずにいて、現実生活に翻弄される日々の果て、
お金を重んじる生き方を選ぶ人がいるかもしれません。

ですがお金は、価値観の交換手段に過ぎないので、
これを忘れて「お金で解決する」ことだけを追い求めてしまうと、
幸福を探求していた時に求めていた真の答えは、脳裏から消えてしまうかもしれないので、
その点は重々注意しなければなりません。


悩み事の答えは、いつも自分の内側にあります。

なぜ「発願⇒確信⇒受取」を仕事の基本にすることをおすすめしているかという理由の一つに、
自分の内側にある答えを見つけながら人に与えることが豊かさをもたらすということを、
実生活でも体験して頂きたいということがあります。


世の中の偉人達は、たくさんの「知」を学ばせて下さいます。

10代までに身についた価値観のすべてが悪いなどということはありません。

特性は、生かす角度を変えれば、全く違う結末をその先に見せます。

だから、これまでどのような影響を受けて価値観を固めてきたとしても、
良いところを高め、手放すべきことを手放し、自分自身の魂を成長させていきながら
仕事をしていけばいいのです。


自分がやりたいことをできるかできないか、
最良のパートナーと一緒に生きることができるかできないかは、
人によっては自分の人生一番の重要テーマとなることもありましょう。

それが、その人の人生を決定する一大要因になっていることもあります。


ならばそのテーマから、「発願⇒確信⇒受取」を始めて、真の自己と対話する感性を高めて下さい。

いかに自分の「思い」が自分が経験することに大きく関わっているかを実感してから、
「発願→確信→受取」を仕事に応用しても遅くはありません。


仕事に生かすことを主な話として取り上げていますが、
ご自身の価値観を決定する最も重大なテーマにも生かすことができます。


真の自己は、私達の潜在意識を使って答えを見つけられるように導くことがあります。

皆さんがここに来られたというご縁は、皆さんが、「発願⇒確信⇒受取」を
自身の意図を実現することに生かせると気づいて頂くためかもしれません。


なので、自分の「思い」を願いにして発信し、今「ある」ことを使って、
今「できる」ことを実践していきながら、
「思い」がカタチになる流れを見る感性を高め
てみて下さい。

ご自身の現在の価値観を明らかにする一助になると思います。



⇒関連記事 [自分の思いが創る仕事環境]
⇒関連記事 [「気づき」を得る感性を高める]
⇒関連記事 [自分の内側で導く内なる声]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。