未来のワークスタイル 問題の時は学びの時
FC2ブログ
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
問題の時は学びの時
「発願→確信→受取」に習熟するということは、
願いを発したら何でもかんでも自分の思い通りになるということではありません。

願った通りに、事が起こらないこともあります。


「どうしてこうなったのだろう」という学びをしていきながら、
私達は魂を成長させていくのです。

どうしてそのようになるかという理由には、いろんなケースが考えられます。


たとえば、ある契約をほどなく成立させるところまできていたのに、
急にその契約が流れたとしましょう。

相手とこちらには共通認識が多数あり、目指すところも同じなのにです。


現実的なことは相互に利があるとしても、その相手の波動と自分の波動とが共振しないなら、
契約成立までに至らないことが結構あります。

自分的には魂の波動の共鳴も感じ、直感を得ていたのにそうなることがあるわけです。


もしその時の相手が、その契約成立のためには、やることが多すぎると感じていたらどうでしょう。

「不安」「面倒」「恐れ」などのエネルギー波動に、相手がつながったのです。


そういう相手を責めることはできません。

この時に「発願→確信→受取」をする私達ができることは、
自分の内側の愛と感謝のエネルギーを調え直して、相手の幸せを祈ることです。


その時の自分に魅力的に感じていることが、実は自分の成長を阻害するものであることがあります。

真の自己には、それがわかっています。

こちらが発信した「願い」のエネルギーを受け取り
その方向に調えようと働いて下さる御計らいもそうです。

実現させることに、余りにも意志の力を使いすぎて、
限定された結果だけに固執するエゴが出ていたとしたら、その実現をここは見送り、
自己成長につなげた方が後々のためには良いという御計らいかもしれません。


発願してから受け取るまでのプロセスで、自分の外側のことをコントロールしようとし過ぎると、
流れとの調和を壊し、重要な情報を見失うことになります。

すると、いつの間にか相手に生じていた不安を見過ごし、
相手の幸せを願って進めていた契約が、相手に「恐れ」を感じさせる波動で
契約を進めてしまっていたのかもしれません。

自分の目標達成をクリアーしようとエネルギーを注ぎ込み過ぎる時など、
よくこういうケースに陥ります。


願ったことを受け取れずにいるのには、
願いを発した当の本人が、恐れや欲などのネガティブな感情で事を進めていることも多いのです。

「会社をつぶさないために、もっと売上を上げなければならない。」

「一人ぼっちにならないために、彼(彼女)がほしい。」

こう思うこと自体が悪いのではなく、そのままのエネルギー状態で望みを手に入れても、
最終的に落ち着くのは、それが「ない」状態だということをわかっておく必要があります。

これらは、普通の会話で耳にしそうなフレーズですが、
こういった願いの発し方は、それが「ある」こと願っているのではなく、
自分が恐れていることに強い注目を集めるエネルギーの発信になってしまっているのです。


「ない」状態を恐れて願うことは、願いが実現することではなく、
恐れそのものが実現させるエネルギー発信になる
ことを忘れないで下さい。

もし一時的に手に入れたとしても、失うことを恐れるエネルギーが残ったままなので、
いずれ「ない」状態が表面化します。


「真実」を見ずに、事実から「逃げ」の気持ちがあると、こうなってしまいます。

現実を避けたり、手に入れることでその場を回避しようとしていては、
神聖なるエネルギーの流れから分離し、エゴにしがみついて事をなそうとしてしまいます。


このような状態では、自分自身も心配や疑いを持ちやすくなるので、
頭の中で無意識に考えていることは、願いを受け取っている波動の情景ではなく、
現状が悪化することへの恐れが圧倒的に多くなるのです。

そういう「発願⇒確信⇒受取」は、望みを実現させる流れを失わさせ、
願った通りの結果が結実するのを邪魔してしまいます。


恐れの感情が出てきたらその都度、その感情を手放しましょう。

それと共に、その気持ちが出るもとになっている潜在意識にある古い思い込み、記憶を
放し
てあげましょう。


今回は成就しなかったとしても、そこに学べることはたくさんあります。

予定通りに事が進まない時には、学びの材料がたくさんあります。

かえって良かったと後々思えるのも、悔しさだけに終わるのも、自分の解釈次第です。

真の自己も、大いなる御計らいも、幸せを願うことしかないのですから、
出来事をどのように次につなぐかは、すべて自分次第です。



⇒関連記事 [不満・怒り・罪悪感・不安を消し去る方法]
⇒関連記事 [真の自己と調和する仕事を進める]
⇒関連記事 [自分の正直な願望を受け入れて仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。