未来のワークスタイル 対話
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対話
コミュニケーションが苦手な人の特徴として、
相手の話を聴くことがうまくできていないということがよくあります。

苦手意識が思いの雲となって、相手の話の真意を汲み取れないようになってしまっているのです。

話す技術もコミュニケーション力を上げるのに役立ちますが、
まずは、相手がどのような様子かよく観察して聴く練習をしましょう。


自分はコミュニケーションが苦手なことを、素直に認めて、
相手の話をよく聴くということに、まずは集中するのです。

今話している相手は、気分が良さそうなのか、それとも何か心配ごとがありそうなのか。

耳で聴くだけでなく、目でも聴くようにするのです。

人の気持ちや感情は、体の動きにも出ています。

相手に十分な注意を払って、相手の様子に注目してみましょう。


相手に、真剣に話を聞いているという印象を持ってもらうには、
どのような姿勢で話しているかが大切です。

ふんぞり返って話していては、熱意があっても、伝わるものも伝わりません。

何としても伝えたいと思っている人は、前傾姿勢に自然になります。

自分伝えたい気持ちは、態度にも自然に出ますから、相手はそれを見ています。


上手に返答しようとすると、コミュニケーションに苦手意識がある人は、
相手の話を聴くことがおろそかになり、それを相手は感じ取ります。

あらかじめ返答を用意しておくのはいいのですが、
相手の話を理解することの方が、どのように返答するかよりも先行します。

自分が理解したことが相手に伝わってから返答するから、
今度は相手がこちらの話に耳を傾け
てくれます。

このやりとりが、コミュニケーションを続けることにつながるのです。


一つちょっとしたコツをお話すると、会話のの端々に、相手が感情を見せることがありますので、
相手の感情を察知したら、それを無視しないで伝えてみましょう。

気持ちをわかってくれると思えた相手は、本当の気持ちを話しやすくなります。

無理に取りつくろった言葉を話す必要はなく、相手が言った言葉をリピートしてみるだけでいいのです。

「あの時は、きつかった。」
「きつかったんですね。」
こういった会話で十分です。


こうして話を聴くことが上手になってくると、コミュニケーションは潤滑に進み始めるので、
会話にリズムが出てきます。


相手の話と自分の話の割合は、相手6に対して自分4を上回らないように話すことを注意して、
相手を五感で感じて対話
しましょう。

コミュニケーション力が楽しくなってくると、仕事も今より楽しくなってくるでしょう。



⇒関連記事 [人と話すのが楽しくなって仕事する]
⇒関連記事 [会話の苦手意識を克服して仕事する]
⇒関連記事 [コミュニケーション力を高めて仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。