未来のワークスタイル 行動的に
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行動的に
私達が行動を起こす前には、その行動に結びつける自分の考え方があります。

その考えに沿った選択をして行動します。

ほとんどの行動は、この一連の流れを無意識に行っているのですが、
仕事の場合、意図することを目標にして行動することになるので、
その行動の計画を立てて、それに沿って意識的に進めていきます。


「発願→確信→受取」で目標達成をしていくには、
目標も計画も、真の自己と相談しながら設定して仕事の現実的な行動に入るので、
比較的無意識的な流れに近い経路で進めていくことになります。

もちろん、自己の魂の成長に合わせて、目標も計画も修正していっていいのです。

ですが、いずれにしても、行動が伴わなければ、現実的にその目標が達成されることはありません。


十分に真の自己の声を聞いて、情熱を持てる方向性を決めて計画を立てても、
まだ「発願→確信→受取」が定着していない段階では、意識的な集中が必要ですから、
行動を先送りにしたり、やる前からあきらめたりしかねません。

そこは、しっかりと意志の力を活用して下さい。


「発願⇒確信⇒受取」を十分に経験を積んで、実践し続けている人は、
思いが現実になることに何の疑いもなく、確信しています。

ですから、自分の考え方を手放しながら調和させていくことも自然になってきているので、
願うと同時に、そうなっている状態のエネルギー場につなぎ、疑いがなく行動できます。

半無意識的な状態で、思考から行動につながるので、次から次へと出したものを受け取っていきます。

「発願⇒確信⇒受取」をパフォーマンスで表現する時の、
「なる⇒する⇒もつ」と話した通りの流れになるのです。


意識がいつも目標に焦点を合わされていて、実行することと思いが常に連動している状態で、
目標設定に沿って計画を進めることが望ましい
のです。

成功も失敗も、思い通りも想定外も、結果は結果として素直に受け取りながら、
想定外なら発願を修正して、改めて「発願→確信→受取」に入ります。

こうして進めていきながら、最終目的地までどのくらいのところにいるかを測定し、
計画や行動を改善していくのです。


思考というのは、行動意欲をかきたてもするし、行動エネルギーを消しもします。

これを「すべては思い(発願)から」とよく表現しますが、
自分の思いを調整することで、
「発願⇒確信⇒受取」を更に純粋に宇宙の原理と同調させていきましょう。



⇒関連記事 [仕事を通して「思考が現実化」していく]
⇒関連記事 [達成して当然だと思える時のエネルギーで発願する]
⇒関連記事 [願いを理想通りに受け取るための仕事方法]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。