未来のワークスタイル 提案の動機づけ
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
提案の動機づけ
自己中心的な目的で近づいてくる人との取引は、見送った方が賢明です。

その人が、自己中心的な目的の人かどうかを見極めるのには、そんなに難しくありません。

そういう人は、こちらの興味を引こうとすることに必死ですから、
その人にとっての利益を得ることだけに関心が高いとすぐわかります。


私達自身も、自己中心的な動機で人との縁を築こうとしないように気をつけましょう。

相手にとってもこちら側にとっても、双方に利益も追求できるものがなければ、
ついつい大袈裟な作り話をしたり、誇大表現になってしまったりするはずです。

場合によっては、恐れを相手に感じさせて契約を取ろうとしたりもするはずです。


自分が提案する話に、どのような動機づけをしているかはとても重要です。

動機づけが相手にとっても価値のあるものならば、
その人に一番合うプランを選択し契約してもらうことも、更に、
その人が価値を認められたその話をさせて頂ける次の方をご紹介して頂くこともできるでしょう。


こちら側が提案するに当たっての動機づけを誤っていなければ、
お互いが相手を尊重し、利点をも共有できている関係は、友情にも似た関係に発展していきます。

基本はとてもシンプルです。

人の役に立ち、正直に対応して、
「関わるすべての人に利益、幸福をもたらす関係を創りたい」という動機
です。


そのために自分には何があり、何ができ、何を提供できるかを提案するのです。

すなわち、「自分のしてほしいことを人にしてあげる」というゴールデンルールです。

言葉を伝えるより先に、内にある思いが先に相手に届きます。

そして、言葉を伝える時には、その思いが仕草や語調ににじみ出ていきます。


初めに「思い」があることを忘れないようにしましょう。

それをするに当たっての動機は、どのような「思い」によるものでしょう?



⇒関連記事 [私達にふさわしいモチベーション]
⇒関連記事 [ブレない動機でプレゼンテーションする仕事]
⇒関連記事 [人間関係のスキルを高めて仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。