未来のワークスタイル 真実を見る
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真実を見る
誰にも、それは漠然としてあるものだったとしても、
たとえば「世の中」だとか「人」だとか「出来事」などにも、
「○○はこういうもの」という自分の解釈があります。

そしてそれが、自分の認識している世界に映し出されて、私達は「現実」として見ています。


私達が「当たり前」とか「普通はそうだ」と考えていることの大部分は、
脳に入ってきた情報に想像や解釈で脚色したものです。

たとえば目で見ていると思っているその映像の中でも、
実際に視覚がとらえる情報はごく狭い範囲の映像で、あとの部分は脳が想像した画なのです。

私達の脳は、それほど優秀かつ想像的なのですが、それらは意識レベルにおりてくると、
私達の「価値観」だとか「概念」だとか「常識」といったことになるのです。


なので、私達一人一人の観ている姿も景色も情景も、
私達一人一人の耳に入ってくる音も言葉も自然の奏も、
その人その人でそれぞれ個別の解釈や理解をしているのですが、
ある程度類似した解釈だと認識することは、その時代、その地域、その年代などでの
「当たり前」としての共通認識になります。


でも、100年後、500年後、1000年後の世界でも現代と同じように「当たり前」だと
考えられていることは、今の私達の「当たり前」の中でどれくらいあるでしょう。

四半世紀前には奇跡的な美的センスに思えたていたことが、あの時代を知らない人が今見ると、
「古き良き昭和」とでも、目に映るかもしれません。

彼らの中に、その「当たり前」はないのですから。


私達が「こうだ」と思い込んでいること(信念)は、宇宙の真実が「変化」であるように、
刻々変化していきます。

自分は真実だと思っていることが、実は幻想であることがたくさんあります。

私達一人一人が観ている世界は、真実と自分が想像した幻想を脳内でアレンジして、
「今はこうだ」と自分が解釈して思っている世界
です。


私達の心は、時に「疑い」や「不安」に占領されて、真実を見ず、幻想を現実と解釈します。

自分の解釈で、幻想を自分が見る世界に存在させます。

でも、幻が装う真実の顔をした世界の奥にある真実を見た時、
幻が消え、心が安心、信頼へとベクトルを変えます。


心は、真実と常に共にある真の自己に忠実に反応して、
幻を現実として観ている時に、「不安」や「疑い」を感じさせるのです。


「発願⇒確信⇒受取」を続けていくことで、真実を見極める目を育てていって頂きたいと思います。

この考え方をしている、或いはこういう気持ちでいるとこういう結果になるという経験を重ねて、
真実を見る感性を高めていくのです。


合わせて、否定的な幻想を現実にしようとする記憶がまだ潜在的に根強くあると、
その通りに選択するスイッチを押しがちなので、
記憶をゼロフィールドに戻していくプロセスも積極的に継続して頂きたいと思います。


私達が見ている世界には、真実・幻想・現実がたくみに取り混ぜられていますから、
真実を見る目を、今以上に開いていくことが、望みを現実にする上では力になります。

焦らず、一つ一つの否定的な幻想を手放していきましょう。

魂の喜びの波動を感じながら、「発願⇒確信⇒受取」を行っていきましょう。



⇒関連記事 [「いいこと」がないと嘆く前に]
⇒関連記事 [意志の働かせどろころを知って仕事する]
⇒関連記事 [夢をカタチにしてかく仕事に挑戦しよう]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。