未来のワークスタイル 高い行動力で
未来のワークスタイル
仕事には人生の多くの時間を費やします。10年後に後悔しないためにも、仕事を人生の大きな学びと喜びに致しましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高い行動力で
目標や計画を立てたのに、計画倒れに終わることも、よくあることです。

ビッグマウスを売りにするのも一つの手かもしれませんが、
行動しなければ現実は何も変わらないことは、間違いありません。

口にすることと行いを一致させるのは、信用を得るための最低限の約束です。


行動が伴わない時に一番多いのは、目的がはっきりしていない時です。

このような人間になりたいとか、それをやり遂げてこうなるという映像が見えていないので、
本気になれなくて行動しないのです。


人は、自分が考えるようにしか理解できません。

だから皆さんには、真の自己の声をよく聞いて、
三つの自己(神(真)・心・身)を同調させる
ことを学んで頂きたいのです。


次に多いのは、目的を決めたものの、まずどこまでやるかという目的までの指標となる目標が
決まっていない場合です。

本気でこうなりたいと思っても、まず何から取りかかるか具体性にかけるので、
行動に値するエネルギーにまで、自分の内側が高まっていかないのです。


目標は、長期的な目標と短期的な目標に細分化し、目標リストにして、
いつも見れるようにするといいでしょう。

何をしたらいいかわからない時に、それを見て、
今「ある」ことを使って「できる」ことがすぐわかるようにしておくのです。


目的に向かって、精力的に動ける時は、
できるできないではなく、自分が素直に本当に喜び、感動できることがある時です。

なので、目標を決めやすいように、あらかじめ自分の素直な望みを100項目くらい
挙げておくといいでしょう。

そこから優先順位が高いもの7項目選んで、更にその中から今一番熱意を持てるもの3項目を決め、
今から始める具体的な行動テーマにするのです。


私達は、最も強い考えで行動を決めています。

そしてその行動が、結果を定めます。

行動を決めているのは、私達の考えとそれによる選択だということです。

だから、行動したくなる考え方がまだできていないから、
口ばっかりで何もしない人になってしまっていたわけです。


行動したくなるようなことを考える習慣をつけていくといいのです。

好奇心は、行動にとっては最高のスパイスなのです。

ものすごく自分好みの料理があって、とてもお腹がすいていて、食べてもいいと言われたら、
その料理を食べますか?

これを食べたら、ヒドい目に遭うと考えると遠慮するかもしれません。

でも、子供の頃に、お母さんがその料理を用意してくれて「お食べなさい」と言われた時、
喜んで食べたのではないでしょうか。


生まれつき絵を描くことが好きで、絵をよく描くようになることもあるでしょうし、
描いた絵を誉められて楽しくなって、どんどん描くようになることもあるでしょう。

小さい頃から歌うことが好きで、音楽をよく聴くようになることもあるでしょうし、
友達からすすめられて、音楽をよく聴くようになることもあるでしょう。

どの場合も、好奇心が刺激されて、それを好きになっていったのでは?


行動性を高めるのに、あまり難しく考え過ぎるとストップをかける衝動が出ますので、
素直に好きで、興味があって、想像力をかき立てられるような目的から始めるといいでしょう。

やらずにあきらめると、やらないことに言い訳だけが得意な人になってしまいます。

何か一つ、目的を決めて、始めてみませんか?



⇒関連記事 [仕事に気持ちが入らない人達へ]
⇒関連記事 [選択する時、意識が見ていることは何か]
⇒関連記事 [愛の波動に同調して「発願」し、仕事する]



ランキングに参加しています!
皆様の応援をよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


★無料メルマガ・役立つ仕事術★ powered by まぐまぐ
PCからの登録は、サイドバーのフォームでご登録下さい。
携帯からの登録は、下記より空メールを送って下さい。
規約に同意して登録
解除

携帯でメルマガの説明を確認してからの登録はここをクリック
[毎週木曜日午前中発行]
PCメール/携帯メール共に登録可能。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 未来のワークスタイル all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。